旅行介護の求人・年収・転職のポイント

旅行介護 転職

旅行介護とは、遠出をしたいが身体が不自由で一人で行くのが難しい人や、介護が必要な人と旅をしたいが旅先での介護に不安がある人などに対して、専門スタッフが同行しながら介護ケアを提供するというサービスです。高齢化社会が進み、高齢者の寿命がどんどん伸びていく日本において、今後ますます需要が高まっていく介護サービスとして注目されています。そこで、ここでは、旅行介護という新しい形の介護サービスについて紹介しています。

旅行介護のサービスはどこで取り扱っているの?

旅行介護のサービスは、一般のツアー会社がツアー内容の1つとして設けている場合と、旅行介護専門の会社が取り扱っているものがあります。各会社によって、旅行介護サービスの利用方法や利用料、専門スタッフの条件などは異なります。

旅行介護で提供する主なサービスって?

旅行介護では、依頼者のニーズに合わせてさまざまなサービスを提供します。例えば、以下のようなものがあります。

旅行への付き添いサービス

日帰り・宿泊の国内・国外旅行への同行

日常生活の一部へのサービス

美容院の利用、映画館や美術館、ショッピングへの同行、入退院への付き添い、同窓会の集まり、冠婚葬祭への出席

旅行介護中に提供する介護ケアとは?

旅行介護中に専門スタッフが利用者に提供するサービスには、以下のようなものがあります。主に、介護施設でヘルパーが担当する業務内容に、旅行の手続き等が加わったものと考えるとわかりやすいかと思います。具体的な介護ケア内容は、利用者のニーズや提供会社によって異なります。

介護ケア

見守り、食事、更衣、排泄、おむつ交換、入浴 など

旅行関連

移動、旅行手続きの代行、服薬の確認、夜間介助、同室宿泊 など

旅行介護のサービスを利用者に提供できるのはどんな人?

1.介護についての専門知識・スキルがある人

旅行介護の仕事ができる人の条件のひとつとして、介護についての専門知識とスキルがあることが挙げられます。提供会社により、専門スタッフとして採用する人の条件は異なりますが、主に以下のような人をスタッフとして採用しています。

以下の介護資格や、介護職経験がある人

  • ヘルパー
  • 介護福祉士
  • リハビリ専門職
  • 看護士
  • 社会福祉士
  • ケアマネージャー

2. 外出先での介護に対応できる人

介護施設でおこなう介護と、旅行介護の外出先での介護は異なる対応が必要なことがあります。また、旅行介護では、旅行自体を円滑に進めることも、重要な業務です。つまり、旅行介護には、介護の専門知識やスキルだけでなく、旅行に関する知識や、とっさのときの介護の方法など、旅行介護に特化した知識・スキルも学ぶ必要があります。

そこで、旅行介護に携わることができる知識・スキルがあることを証明するための資格として、注目されているのが、「トラベルヘルパー(外出支援専門員)」「トラベルサポーター」という資格です。

旅行介護の仕事につながる2つの資格

1.トラベルヘルパー(外出支援専門員)

トラベルヘルパーとは、日本トラベルヘルパー協会が提供する資格です。このトラベルヘルパーの資格と、介護専門職の資格を併せ持つことで、「介護技術と旅の業務知識をそなえた『外出支援』の専門家」として、旅行介護に携わることができます。トラベルヘルパーには、3級、準2級、2級、1級の4種類があります。3級以外は、介護・看護系資格を持っていることが受験資格となっています。

2. トラベルサポーター

トラベルサポーターとは、NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会が提供する資格です。このNPO法人の通信教育を受け、認定されると、トラベルサポーターとしての活動を開始することができます。

旅行介護の仕事の形態は?

旅行介護のお仕事は、副業というスタイルが多いのが現状です。そのため、旅行介護を取扱う会社に派遣登録などをおこない、要請があった時に業務をおこないます。お給料は日給または時給で発生し、首都圏では日給10000円程度が相場といえます。

旅行介護は、これから伸びていく介護サービス

旅行介護は、最近になってテレビで取り上げられるなど、徐々に認知度が上がってきている段階です。そのため、現状では介護保険適用外ですが、今後ますます認知度が上がりニーズが高まれば、介護保険が適用される可能性もありますし、介護ビジネスとして大きくなっていく可能性が大いにありえます。この先、介護業界に入ろうと思っている人や、介護業界で経験を積んでいこうと考えている人は、旅行介護という働き方もあるということを、頭に入れておくと将来の選択肢が広がるでしょう。

今ある旅行介護の仕事を、介護専門の転職サイトで探してみよう!

旅行介護の仕事は、認知度が低いため、その分求人に応募する人も少ないのが現状です。そのため、旅行介護の仕事に就きたいと考えている人は、必要な資格を取得すれば、すぐに旅行介護の仕事に携わることができます。もし旅行介護の仕事に興味があり、すでに介護や看護の専門資格を持っている人は、旅行介護の資格取得を検討してみるのもよいでしょう。旅行介護の資格取得には受講料が必要ですが、早ければ約3ヶ月で資格取得が可能です。将来的にも高いニーズが見込める資格ですので、ぜひ取得も検討してみてください。
以下の介護専門の転職サイトには、旅行介護を扱う会社の求人掲載もありますので、将来のイメージを膨らませるためにも、ぜひ登録してご覧になってみてください。

MC介護のお仕事

MC介護のお仕事MC介護のお仕事MC介護のお仕事は、株式会社メディカル・コンシェルジュが運営する介護従事者のための介護職専門求人情報サイトです。開設当初から医療・介護に特化したサービスを提供しているサイトなので、案内できる求人が8,000件以上(2017年5月調べ)と充実しています。また、会員登録をすると、求人への問い合わせや、介護職専任のキャリアコンサルタントに転職相談をすることができます。日々のお仕事の中で感じる不安や悩みといった相談も親身に応対してくれるおすすめの介護求人サイトです。

ベネッセの介護士お仕事サポート

ベネッセの介護士お仕事サポートベネッセのベネッセの介護士お仕事サポートは、さまざまな勤務形態からご希望の条件にあった求人転職情報・お仕事を紹介してくれる転職サイトです。人材紹介や派遣の求人も扱っていることが特徴で、夜勤専任のお仕事や看護助手をはじめとする、幅広い要望を叶える仕事を紹介してくれます。また、ベネッセMCMでは、全国で有料老人ホームを運営する株式会社ベネッセスタイルケアのグループ会社であることから、介護士の転職にノウハウをたくさん持っており、初めての転職であってもきめ細やかなサポートをしてくれることが大きなメリットです。もちろん、ベネッセスタイルケアの求人を紹介してもらうこともできるので、転職サイトを利用するのであればぜひ利用したいサービスです。