介護老人保健施設の求人・年収・転職のポイント

介護老人保健施設 転職

介護老人保健施設は、公的介護施設の1つであり、介護業界で働く人に人気のある職場の1つです。ここでは、介護老人保険施設の仕事内容や転職のメリット・デメリットについて、また、年収の相場や転職のコツについて紹介しています。

介護老人保健施設ってどんな施設なの?

「老健」と呼ばれる公的施設

介護老人保健施設は、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)や介護療養型福祉施設と並ぶ、介護保険制度を利用可能な公的な介護施設であり、略して「老健」と呼ばれています。介護老人保健施設では、介護を必要とする利用者の自立支援と家庭復帰を目指し、医師の指示のもと、看護・介護がおこなわれます。また、栄養管理・食事・入浴などの日常サービスも併せて提供されています。介護老人保健施設の利用対象者は、症状が安定していて入院治療の必要がない要介護度1~5の人であり、かつ、リハビリテーションを必要としている人です。また、終身制の介護施設ではないため、退所が可能と判断された場合には入所者が退所することがあります。

専門性の高いリハビリテーションを提供

3つの公的介護施設の中で、介護老人保健施設のみ「リハビリテーション専門職を必ず配置しなければならない」という決まりがあり、入所者に対して専門性の高いリハビリテーションサービスを提供しています。そのため、リハビリ専門職の資格を持っている人に介護老人保健施設は特に人気があります。

介護老人保健施設で働くリハビリテーション専門職って何?

介護老人保健施設では、以下のようなリハビリテーション専門職の人が働いています。保有している専門資格によって、入所者に提供できるリハビリテーションサービスの内容が異なります。

  • 1.理学療法士:運動機能の維持・向上のためのリハビリを担当します。
  • 2.作業療法士:運動機能・精神心理機能の維持・向上のためのリハビリを担当します。
  • 3.言語聴覚士:コミュニケーションや嚥下機能の維持・向上のためのリハビリを担当します。
  • 4.臨床心理士:心理機能の維持・向上のためのリハビリを担当します。

介護老人保健施設で働くリハビリテーション専門職以外の職種は?

介護老人保健施設では、リハビリテーション専門職以外に以下のような職種の人が働いており、様々な専門家が連携して入所者をサポートしています。

  • 1.医療系職種:医師 / 看護師 / 准看護師 / 管理栄養士 / 栄養士 / 薬剤師 / 歯科衛生士など
  • 2.福祉系職種:介護福祉士 / 支援相談員 / ケアマネジャー / 社会福祉士など
  • 3.その他:事務職 / 調理師 / 調理員

介護老人保健施設で求められている人材とは?

介護老人保健施設で利用者に提供するサービスは、入浴・食事・排泄などの身体介護や医療処置・リハビリが中心であり、掃除・洗濯・買い物のサポートやレクリエーションなどの生活支援はあまり重視されていません。そのため、介護老人保健施設で働く職員には、より専門的な介護やリハビリの知識・スキルが求められることが多く、即戦力の人材が求められています。介護職としての専門性を高めたいと考えるキャリア志向の強い人にとってやりがいの大きな職場と言えるでしょう。

介護老人保健施設に転職する3つのメリット

1.総合的な高齢者介護の経験を積むことができる

介護老人保健施設では、医療と介護の両方を入所者に提供するため、より総合的な高齢者介護の経験を積むことができるというメリットがあります。特に医療やリハビリの知識は将来のキャリアにとって有益なものであり、より専門性の高い介護人材にレベルアップすることができます。また、様々な職種の人と連携して仕事をすることが基本であるため、コミュニケーション能力や調整力といったベーススキルを身に付けることもできます。

2.入所者の回復が分かりやすくやりがいを感じやすい

介護老人保健施設の平均的な入所期間は3〜6ヶ月間であり、入所者の病状や運動機能が回復すれば退所となります。この入所期間は医師の見立ての元、予め治療やリハビリの計画が立てられるものであるため、目的を持って仕事に臨むことができるというメリットがあります。また、入所者の回復をつぶさに感じることができ、退所の際には感謝の言葉をかけてもらうことができるため、仕事のやりがいを感じやすいというメリットもあります。

3.志の高いスタッフと一緒に働くことができる

介護老人保健施設は、キャリア志向が強い人や介護の仕事に対して真摯に取り組みたいと考える人が特に集まりやすいという特徴があり、これらのスタッフと一緒に働くことができるということは自己成長やモチベーションコントロールの点でメリットがあります。

介護老人保健施設に転職する2つのデメリット

1.人間関係のトラブルが起きやすい

介護老人保健施設では様々な職種の人が連携して業務を行っているため、コミュニケーションを上手く取ることができないと人間関係のトラブルに発展することがあります。特に、介護スタッフと医療スタッフの間でトラブルが起こることが多く、入所者の担当である介護スタッフが治療やリハビリの方針に対して余計に口を出してしまい衝突することがあります。また、介護老人保健施設は離職率が低いという特徴があるため、長期間働き続けている職員も多く、年齢や経験年数の違いによって人間関係が上手く構築できないというケースもあります。

2.入所者一人ひとりと向き合う時間が短い

介護老人保健施設は終身制の介護施設では無いため、入所者の入れ替わりが比較的多いという特徴があります。他の介護施設では、数年間同じ入所者を担当するということも決して珍しくなく、時間をかけてじっくりと向き合う介護を行うことができますが、介護老人保健施設ではそこまでの時間はありません。「仲良くなれた」「信頼関係を築くことができた」と感じた時には退所してしまった、ということも珍しくなく、寂しさを感じるスタッフもいます。介護老人保健施設では、入所者と過ごす時間が短い分、より工夫してコミュニケーションを行い短時間で信頼関係を構築するスキルが求められます。

介護老人保健施設の平均年収

介護老人保健施設の介護職員の平均年収は250〜300万円であり、他の介護施設の年収と比較するとやや低めの水準です。ただし、雇用が非常に安定していることと、勤続年数や保有資格によって年収アップを安定的に実現することができるという点に、介護老人保健施設で働くメリットがあります。

介護専門の転職サイトで介護老人保健施設の求人を探してみよう!

介護老人保健施設の求人は、他の介護施設の求人と比較するとそこまで多くないため、一般的な転職サイトや求人サイトではなかなか求人を見付けることができない、ということがあります。そのため、介護の求人が数多く集まる介護専門の転職サイトを利用して、介護老人保健施設の求人を探すことをお勧めします。また、転職サイトに無料登録しておくだけで、新着の求人情報や転職に関するノウハウを収集することができたり、プロの転職コンサルタントに転職に関する相談をすることができたりと、特に初めて転職にチャレンジする人にメリットの大きい転職サービスと言えます。当サイトでは、様々な介護専門の転職サイトの中でも、特におすすめのサイトを厳選して紹介していますので、チェックしてみて下さい!

MC介護のお仕事

MC介護のお仕事MC介護のお仕事MC介護のお仕事は、株式会社メディカル・コンシェルジュが運営する介護従事者のための介護職専門求人情報サイトです。開設当初から医療・介護に特化したサービスを提供しているサイトなので、案内できる求人が8,000件以上(2017年5月調べ)と充実しています。また、会員登録をすると、求人への問い合わせや、介護職専任のキャリアコンサルタントに転職相談をすることができます。日々のお仕事の中で感じる不安や悩みといった相談も親身に応対してくれるおすすめの介護求人サイトです。

ベネッセの介護士お仕事サポート

ベネッセの介護士お仕事サポートベネッセのベネッセの介護士お仕事サポートは、さまざまな勤務形態からご希望の条件にあった求人転職情報・お仕事を紹介してくれる転職サイトです。人材紹介や派遣の求人も扱っていることが特徴で、夜勤専任のお仕事や看護助手をはじめとする、幅広い要望を叶える仕事を紹介してくれます。また、ベネッセMCMでは、全国で有料老人ホームを運営する株式会社ベネッセスタイルケアのグループ会社であることから、介護士の転職にノウハウをたくさん持っており、初めての転職であってもきめ細やかなサポートをしてくれることが大きなメリットです。もちろん、ベネッセスタイルケアの求人を紹介してもらうこともできるので、転職サイトを利用するのであればぜひ利用したいサービスです。