グループホームの求人・年収・転職のポイント

グループホーム 転職

ここでは、グループホームという介護施設の一種について紹介しています。

グループホームってどんな施設なの?

軽度の認知症患者を受け入れる入所型介護施設

グループホー厶とは、認知症高齢者グループホーム、認知症対応型共同生活介護とも呼ばれる介護施設です。社会福祉法人や地方自治体、NPOなどによって運営されるこの施設では、軽度の認知症患者が少人数で共同生活をおこないます。入所対象となるのは、要支援2以上で、その地域に住民票がある認知症患者です。「認知症」と聞くと、症状の重い人を想像しがちですが、実際には要介護1〜3の人の受け入れが多くなっています。

認知症患者であっても、症状の進行により共同生活をおこなうことが難しくなった場合や、入院期間が長くなった場合には、利用者に対して退去を求めることがあります。

少人数のアットホームな環境が特徴

グループホームの定員は「ユニット」という単位で表され、1ユニットは9人、多くのグループホームでは定員が2ユニット、つまり18人に設定されています。利用者は、ユニット単位で食事やレクリエーションをおこないます。ユニット単位でのケアをおこなうことで、認知症患者の社会的共同生活性を高めることが目的です。職員も、認知症患者に対して家族のような距離感で接することが求められます。

グループホームの仕事内容は?

グループホームでは、認知症患者に対して、入浴、排泄、食事などの日常生活のケアをおこないます。また、認知症患者の能力を維持・向上させるために、家事の配分をおこなうのがグループホー厶の特徴です。例えば、認知症患者に対して、買い物や、調理、配膳、洗濯、掃除などの役割をもたせます。その役割を職員のサポートを受けながらおこなってもらうことで、認知症の進行を和らげることを目的としています。

グループホームではどんな職種の人が働いているの?

医療スタッフの配置基準がないのがポイント

グループホームには、介護福祉士、ヘルパー、ケアマネージャー、管理者などが働いています。24時間介護スタッフが常駐していることが特徴です。医療スタッフとして医師や看護師が配置されていることもありますが、医療スタッフの配置基準そのものはグループホームには存在しません。そのため、医療スタッフ配置があるグループホームには比較的医療ケアの必要な重度の症状の患者が多く、医療スタッフ配置のないグループホームには、軽度の症状の患者が多くなる傾向にあります。

グループホームの給与の相場は?

グループホームに働く正社員の年収の全国平均額は、約309万円となっています。夜勤に月何回入るかや、保有資格によっても、年収が大きく変わってくるのがグループホームの特徴です。グループホームは必ず夜勤がある施設なので、夜勤専従のスタッフを置くことも珍しくありません。中には、夜勤専従のパート・アルバイトで1回23000円ほどの仕事もあります。夜勤を多めに入れることで、高収入を目指すことも可能です。

グループホームで働く人のお悩み

1.認知症患者の問題行動に悩まされることがある

グループホームでは、軽度とはいえ、認知症の患者を受け入れている以上、患者の認知症特有の症状・行動に対応しなければなりません。例えば、徘徊や、急に怒り出すなどの衝動的な行動、記憶障害などです。要介護度が低く、身体介護の必要がなくても、認知症特有の症状への対応がうまく行かずに、精神的にきついと感じてしまう職員もいるといいます。

そのようなときには、上司に相談することをおすすめします。グループホームでは、常勤の管理者として、認知症患者の介護経験を3年以上経験した人を配置するという決まりがありますので、経験のある人に相談できる環境は整っています。日頃から職員同士の信頼関係を深め、いざとなったときに相談できる環境づくりをおこないましょう。

2.身体介護スキルを向上させることができない

グループホームは、比較的要介護度の低い利用者が多く入居しますので、利用者に対して身体介護を提供する機会は、特養などと比較すると少ないと言えます。そのため、身体介護のスキルを上達させたい人にとっては、グループホームへの転職は向いていないかもしれません。生活介護や、認知症患者への対応を中心に学びたい人にとっては、グループホームが向いているといえます。

グループホームで働くのに向いているのはこんな人

1.一人ひとりの患者と向き合う時間を長く持ちたい人

一人ひとりの患者との距離の近さはグループホームがダントツです。
グループホームは、少人数の認知症患者を受け入れ、家庭的ケアを目指す施設です。担当の介護スタッフがほぼ患者に付きっきりで介護サービスをおこないます。そのため、介護スタッフと患者、また患者の家族との信頼関係を構築しやすいというメリットがあります。一人ひとりの患者と多くの時間を共有し、丁寧な介護サービスを提供したいと考える人にとって、グループホームという職場はとても合っているといえます。

2.コミュニケーションをとるのが好きな人

グループホームでは、患者に対して身体介護を提供する機会が少ない分、生活介護を提供する機会が多くあります。なかでも、職員側から一方的に生活介護を提供するのではなく、買い物や家事を患者と職員が一緒におこなうことが、グループホームの身体介護の大きな特徴です。このような身体介護には、通常の身体介護以上に、患者とのコミュニケーションが必要になります。そのため、コミュニケーションをとることが好きな人や、相手の思っていることを汲み取ることができる人に、グループホームでの仕事は向いているといえます。

介護専門の転職サイトでグループホームの求人を探してみよう!

グループホームの求人には、特に介護スタッフの求人が多く見受けられます。運営主体や地域によって、給与の条件等は異なりますので、それぞれの求人を比較し、希望のものを見つけてみてください。その際、夜勤がどれくらいあるかや、医療スタッフの配置があるか、実務経験年数ありの場合に給与面で優遇されるかどうかなどが、要チェック事項です。
そして、可能であれば、転職をする前に実際に職場見学をさせてもらうことをおすすめします。求人情報だけでは分からない、現場の空気感を感じることができます。
下記の転職サイトでは、見学OKのグループホームも多く掲載されています。ご自分に合った転職先を、ぜひ以下のサイトから見つけてくださいね。

MC介護のお仕事

MC介護のお仕事MC介護のお仕事MC介護のお仕事は、株式会社メディカル・コンシェルジュが運営する介護従事者のための介護職専門求人情報サイトです。開設当初から医療・介護に特化したサービスを提供しているサイトなので、案内できる求人が8,000件以上(2017年5月調べ)と充実しています。また、会員登録をすると、求人への問い合わせや、介護職専任のキャリアコンサルタントに転職相談をすることができます。日々のお仕事の中で感じる不安や悩みといった相談も親身に応対してくれるおすすめの介護求人サイトです。

ベネッセの介護士お仕事サポート

ベネッセの介護士お仕事サポートベネッセのベネッセの介護士お仕事サポートは、さまざまな勤務形態からご希望の条件にあった求人転職情報・お仕事を紹介してくれる転職サイトです。人材紹介や派遣の求人も扱っていることが特徴で、夜勤専任のお仕事や看護助手をはじめとする、幅広い要望を叶える仕事を紹介してくれます。また、ベネッセMCMでは、全国で有料老人ホームを運営する株式会社ベネッセスタイルケアのグループ会社であることから、介護士の転職にノウハウをたくさん持っており、初めての転職であってもきめ細やかなサポートをしてくれることが大きなメリットです。もちろん、ベネッセスタイルケアの求人を紹介してもらうこともできるので、転職サイトを利用するのであればぜひ利用したいサービスです。