リハビリ・機能訓練指導員の求人・年収・転職のポイント

リハビリ 機能訓練指導員 転職

機能訓練指導員の仕事は、病気や怪我、高齢などが理由で身体が不自由な人に対して、日常生活が円滑に送れるように機能改善のトレーニングをしたり、現状の能力の維持や減退防止のためのリハビリをおこなうことです。具体的には、以下のような仕事があります。

  • 歩行訓練、マッサージ、筋力トレーニングなどの回復訓練
  • 利用者の心身機能評価
  • レクリエーションの実施
  • 機能訓練計画書の作成
  • 車イスや補助具、自助具の選択
  • 他の介護スタッフに対する介助の提案と指導 など

機能訓練指導員は資格なの?

機能訓練指導員というのは「職種」であって、「資格」ではありません。つまり、機能訓練指導員という資格はありません。ここが、よく勘違いされやすいポイントです。

それでは、機能訓練指導員は無資格でできる職種なのか?というと、そうではありません。機能訓練指導員になるためには、医療福祉系の以下の資格のうち、いずれかを取得している必要があります。いずれかの資格を取得していれば、機能訓練指導員になる権利があるということになります。つまり、機能訓練指導員になるための試験などは一切ありません。

機能訓練指導員になるための資格

  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 言語聴覚士
  • 柔道整復師
  • あん摩マッサージ指圧師
  • 看護師
  • 准看護師

※以下の資格では、機能訓練指導員にはなれませんので、注意が必要です。

  • 介護福祉士
  • 社会福祉士
  • 社会福祉主事
  • 介護支援専門員(ケアマネジャー)
  • 鍼灸師
  • 整体師(介護整体など国家資格でないマッサージ師)
  • 介護施設での相談業務、施設長

機能訓練指導員は、自分の専門分野を活かせるの?

上で書いたように、機能訓練指導員になるためには、指定の7つの資格のうち1つをもっていればよいとされています。では、機能訓練指導員は、自分の専門分野を活かした働き方ができるのでしょうか?

答えはYesです。施設によって、機能訓練指導員に求める役割は異なります。例えば、利用者のメンタルケアを中心に機能訓練指導員にお願いしたい施設の場合は、看護師や作業療法士資格保有の人を採用したいと考えますし、マッサージやストレッチを中心にお願いしたい場合は、柔道整復師やあん摩マッサージ指圧師の資格保有者を採用したいと考えます。なので、一言で機能訓練指導員と言っても、施設によって求められている業務内容は異なります。施設の方針や募集要項を確認し、自分の経験やスキルを介護施設でどのように活かしたいかを考えることが大切です。

機能訓練指導員の仕事内容には、自分の専門分野以外のことも含まれるの?

機能訓練指導員は7つのうち1つの指定資格を持っていることがほとんどですので、自分の専門分野が一つしかない状態であることが多いです。しかし、専門分野が一つしかないからといって、その専門分野だけに特化するのでは機能訓練指導員としては失格です。なぜなら、介護施設においては、機能訓練指導員の配置基準は一名以上となっており、職場によっては資格者が自分一人ということも多々あるからです。つまり、専門分野以外のことも独学で勉強しなければなりません。

同じ機能訓練指導員でも、どの資格を持っているかによって、給与の額は違うの?

指定の7つの資格のうち、どの資格を持って機能訓練指導員になったかによって、給与の額は異なります。具体的な金額は不明ですが、もっとも金額が高いのは、看護師資格をもった機能訓練指導員です。医療現場での患者対応やメンタルケアの経験のある看護師経験者は、機能訓練指導員として大変重宝される傾向にあります。

機能訓練指導員の職場って?

機能訓練指導員のおもな職場としては、病院、特別養護老人ホーム、介護保険老人施設、デイサービス、訪問看護ステーションなどが挙げられます。特別養護老人ホームやデイサービスでは1人以上の配置が定められています。一般的には病院のほうが介護施設よりも給与が高いとされますが、施設によっては病院よりも高い給与設定がされる場合もあります。

介護職場で働く機能訓練指導員のメリットは?

1. 利用者一人ひとりとじっくり向き合うことができる

介護職場では、病院と比較すると一人の利用者と接することができる時間が長いといえます。病院の場合は、リハビリに使う時間が明確に設定されていたり、入院日数が限られているという関係で、利用者と接する時間が限られることが多いです。一方、介護職場では、施設型の場合ですとそこに24時間居住している利用者もいますし、訪問型ですと週に2〜3回定期的に通う利用者もいます。つまり、介護職場のほうが、長期にわたって利用者のケアをおこなえるケースが多いということです。

2. ワークライフバランスをとりやすい

病院と違い、介護施設では夜勤がない職場も多いので、生活リズムが崩れにくいというメリットがあります。また、雇用形態として正社員、派遣、アルバイト・パートがありますので、自分の生活スタイルに合わせて雇用形態を選ぶことができます。機能訓練指導員の求人は、アルバイト・パートが多いことも特徴です。なので、育児や家事を両立させながら、機能訓練指導員として勤務することも可能です。

未経験でも機能訓練指導員になれる?

未経験であっても、機能訓練指導員になることは十分に可能です。ただし、指定の資格7つのうちどれかを取得していることが絶対に必要になります。例えば、准看護師資格を持っている人は、准看護師としての実務経験がなくとも、機能訓練指導員になることができます。

介護専門の転職サイトで機能訓練指導員の求人を探してみよう!

機能訓練指導員の求人は、介護職専門の転職サイトに豊富に掲載されています。条件が良いものからどんどん掲載が終了してしまいますので、気になる求人があればまずは施設にコンタクトをとってみてください。そのうえで、もし施設を事前に見学させてもらえるところであれば、ぜひ見学に行ってみることをおすすめします。一日の流れや、職場の雰囲気などを感じ取れる貴重な機会になります。

MC介護のお仕事

MC介護のお仕事MC介護のお仕事MC介護のお仕事は、株式会社メディカル・コンシェルジュが運営する介護従事者のための介護職専門求人情報サイトです。開設当初から医療・介護に特化したサービスを提供しているサイトなので、案内できる求人が8,000件以上(2017年5月調べ)と充実しています。また、会員登録をすると、求人への問い合わせや、介護職専任のキャリアコンサルタントに転職相談をすることができます。日々のお仕事の中で感じる不安や悩みといった相談も親身に応対してくれるおすすめの介護求人サイトです。

ベネッセの介護士お仕事サポート

ベネッセの介護士お仕事サポートベネッセのベネッセの介護士お仕事サポートは、さまざまな勤務形態からご希望の条件にあった求人転職情報・お仕事を紹介してくれる転職サイトです。人材紹介や派遣の求人も扱っていることが特徴で、夜勤専任のお仕事や看護助手をはじめとする、幅広い要望を叶える仕事を紹介してくれます。また、ベネッセMCMでは、全国で有料老人ホームを運営する株式会社ベネッセスタイルケアのグループ会社であることから、介護士の転職にノウハウをたくさん持っており、初めての転職であってもきめ細やかなサポートをしてくれることが大きなメリットです。もちろん、ベネッセスタイルケアの求人を紹介してもらうこともできるので、転職サイトを利用するのであればぜひ利用したいサービスです。