介護施設の医療事務・介護事務の求人・年収・転職のポイント

医療事務 介護事務 転職

ここでは、介護の職場の事務系職種である、医療事務と介護事務について紹介します。

医療事務とは?

医療事務とは、病院や診療所で行われる診療に必要な事務作業をおこなう仕事のことを言います。業務内容には主に以下のようなものが挙げられます。

  • レセプト(診療報酬明細書)の作成
  • 診察券・保険証受け渡し等の受付業務、処方せん窓口の対応業務
  • 診療費の計算、会計
  • 電子カルテの作成
  • 入退院手続き業務

介護事務とは?

介護事務は、介護施設で行われる利用者への介護サービス提供に関する事務全般を行う仕事のことを言います。業務内容には主に以下のようなものが挙げられます。

  • 介護報酬請求業務(レセプト作成)
  • 受付・窓口業務
  • 介護保険利用者負担の集計
  • スタッフの勤怠管理
  • 各種書類作成

医療事務は病院・診療所勤務の仕事なのに、介護施設でも働くことができるの?

医療事務と介護事務は、それぞれ個別の資格が存在します。そのため、職種としてもまったく別のものとして認識されることが多いです。しかし実際には、医療事務として働くことができる要件が揃っている人は、介護事務の求人に応募した際に採用につながる可能性が高いです。なぜなら、医療事務は事務系資格の基本なので、医療事務で得た知識を介護事務にも活用できるとみなされるからです。なので、一般に医療事務と呼ばれる資格を取得していたり、医療事務の実務経験がある人は、介護事務として働くことが可能です。

医療事務、介護事務の仕事をするには資格が必要なの?

医療事務と介護事務には、それぞれ「医療事務」「介護事務」という資格が存在します。これらの資格保有者のほうが、転職の際には有利ですが、資格がなくとも、医療事務・介護事務スタッフとして採用される場合もあります。求人情報欄に「無資格OK」と記載があるものも少なくありません。

しかし、医療事務は医療の、介護事務は介護の専門知識がある程度必要です。仕事をするなかで覚えるということもできなくはありませんが、資格がない場合でも、独学で勉強する必要はあるでしょう。介護事務の場合は、初任者研修を終えていることも採用担当者へのアピールになります。

また、秘書検定の資格も、医療事務・介護事務への就職・転職に有利に働きます。なぜなら、秘書検定の取得で、ある一定のマナーの知識があるとみなされるからです。
さらに、事務系職種ですので、パソコンスキルがあることをアピールできる資格も、医療事務・介護事務への転職へ有利に働きます。

医療事務、介護事務の給与って?

医療事務・介護事務は、アルバイト・パート形態での雇用は多いのが特徴です。そのため、時給計算で給与をもらうケースが多い。医療事務・介護事務の全国の時給の相場は、約850円〜1300円、年収だと約240万円〜280万円ほどと言える。特に介護事務の場合は、介護事務の仕事をヘルパー、介護士、ケアマネージャーなどが兼任するケースも多いため、上記の金額は参考までに考えていただけるとよいです。医療事務も、小規模の個人病院などでは、検査助手、診療補助、看護補助などの職種の人が、医療事務を兼任することがあります。

医療事務、介護事務のメリット

1. 私生活との両立がしやすい

医療事務・介護事務は、アルバイト・パートの雇用形態が多いため、自分の私生活の都合に合わせて、働く時間を調整することが可能な職種です。また、正社員であっても、よほどのトラブルがない限り残業は発生しないことがほとんどなので、定時に帰ることができ、生活リズムを崩すことなく過ごすことができます。

2. 施設の顔として活躍できる

医療事務・介護事務は、施設の受付もこなすため、利用者と接する機会が多い職種です。そのため、利用者が施設に対してもつイメージが、医療事務・介護事務によって決まることもあります。丁寧に対応することで、施設のイメージアップに貢献することも可能です。明るい笑顔や、細やかな気配りを活かすことができるのも、医療事務・介護事務の特徴と言えるでしょう。

医療事務・介護事務のデメリット

給与が上がりにくい

事務系職種は、他の職種に比べて給与設定額が低く、経験を重ねても給与が上がりにくいという特徴があります。そのため、介護施設で事務の仕事をする場合には、ヘルパー、介護士、ケアマネージャーとの兼任が望ましいです。もし転職時にこれらの職種との兼任が難しくでも、将来的に兼任の意思があることを採用担当者に伝えることで、採用確率は上がります。

医療事務・介護事務への転職成功のポイント

1. 将来のキャリアを考えたうえで事務職を選択しよう!

介護業界で働き続ける中で、事務職一本で貫き通すことは難しい現状があります。なぜなら、大規模施設でないかぎり、事務職専門のスタッフは配置しない傾向にあるからです。もし将来的に転職することになった際、「前の職場では事務だけをやっていればよかったけれど、転職先を探したら事務だけで働ける職場が見つからない」ということにもなりかねません。なので、介護業界の事務として転職を考えている人は、それ以降の働き方をどうするか決めた上で、転職活動を始めることをおすすめします。考えたキャリアプランは、面接の際に採用担当者に伝えましょう。そのキャリアプランをその職場で実現できるかを確認するためです。

2. 介護専門の転職サイトで転職先を見つけよう!

以下のサイトでは、資格有無に関わらず、介護施設で事務職の求人があります。医療事務経験者・医療事務資格取得者の方も対象ですので、事務職求人を探している人はぜひ登録してみてください。

MC介護のお仕事

MC介護のお仕事MC介護のお仕事MC介護のお仕事は、株式会社メディカル・コンシェルジュが運営する介護従事者のための介護職専門求人情報サイトです。開設当初から医療・介護に特化したサービスを提供しているサイトなので、案内できる求人が8,000件以上(2017年5月調べ)と充実しています。また、会員登録をすると、求人への問い合わせや、介護職専任のキャリアコンサルタントに転職相談をすることができます。日々のお仕事の中で感じる不安や悩みといった相談も親身に応対してくれるおすすめの介護求人サイトです。

ベネッセの介護士お仕事サポート

ベネッセの介護士お仕事サポートベネッセのベネッセの介護士お仕事サポートは、さまざまな勤務形態からご希望の条件にあった求人転職情報・お仕事を紹介してくれる転職サイトです。人材紹介や派遣の求人も扱っていることが特徴で、夜勤専任のお仕事や看護助手をはじめとする、幅広い要望を叶える仕事を紹介してくれます。また、ベネッセMCMでは、全国で有料老人ホームを運営する株式会社ベネッセスタイルケアのグループ会社であることから、介護士の転職にノウハウをたくさん持っており、初めての転職であってもきめ細やかなサポートをしてくれることが大きなメリットです。もちろん、ベネッセスタイルケアの求人を紹介してもらうこともできるので、転職サイトを利用するのであればぜひ利用したいサービスです。