介護施設の看護師の求人・年収・転職のポイント

看護師 転職

これまでの看護師の主な職場といえば病院やクリニックでしたが、看護師が活躍できる新たな職場として、最近では介護施設が注目され始めています。ここでは、介護施設の看護師の仕事内容ややりがいについて、転職のメリット・デメリットについて紹介しています。

介護施設の看護師の仕事って?

介護施設の看護師の基本的な仕事は、病院やクリニックの看護師と同じです。具体的には、医師の診察介助・要介護者のバイタルチェックや服薬管理などが主な業務内容です。介護施設の特徴としては、医師が常駐していないケースも多いため、看護師一人ひとりの役割や責任が大きいということがあり、入所者や利用者の急変等が起こった際には、担当医師への連絡や応急処置など迅速な対応が求められます。また、入所者や利用者だけではなく、その家族とコミュニケーションを通じて信頼関係を築くことも大切な業務の1つです。

看護師の職場にはどんなところがあるの?

まず、介護施設は特別養護老人ホームなど医療法人や社会福祉法人が運営する「介護保険施設」と、有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅など民間企業が運営する「民間施設」の2つに大別されます。看護師が強く求められているのは前者の介護保険施設であり、看護師の専門性やキャリアを活かしてフルタイムで働きたい人にお勧めです。また、後者の民間施設でも看護師は求められていますが、パートやアルバイトの求人が多いため、時間に融通の利く仕事をお探しの人にお勧めです。

看護師が介護施設に転職する3つのメリット

1.仕事とプライベートを両立しやすい

残業や夜勤は看護師の悩みのタネですが、介護施設は残業や夜勤が少ない・無いという特徴があり、看護師が介護施設に転職する大きなメリットです。例えば、通所型や訪問型の介護施設は基本的に日中のみ開所しているため、残業が少なく夜勤は無いという特徴があります。そのため介護施設の仕事は、家事や育児と仕事の両立を目指している人や、趣味などプライベートな時間を大切にしたい人に人気があります。

2.利用者一人ひとりとじっくり向き合うことができる

病院やクリニックは患者の入れ替わりが激しいという特徴がありますが、介護施設では利用者の入れ替わりはあまり無いため、一人ひとりとじっくり向き合って看護することができるというメリットがあります。また、介護施設の規模や入所者の数にも寄りますが、病院やクリニックよりも時間的な余裕を持って仕事に取り組みやすい環境であるため、コミュニケーションを通じて信頼関係を構築しやすいという特徴もあります。なお、介護サービス利用者の平均的な在所期間は約1年6ヶ月でと長めです。

3.ブランクがあっても復職しやすい

出産や配偶者の転勤などの理由で一時的に離職していた人も、介護施設であれば復職しやすいというメリットがあります。多くの介護施設では医療行為よりも介助やコミュニケーションに重きが置かれているため、看護師としての高度な知識や技術を求められるシーンはさほど多くありません。そのため、しばらく医療の現場から離れていた人も看護師としての基本的な知識やスキルを活かして復職しやすいという特徴があります。

看護師が介護施設に転職する2つのデメリット

1.年収が下がるケースが多い

病院から介護施設に転職することで、年収が下がってしまうケースが多いというデメリットがあります。年収が下がってしまう主な理由は2つあり、「基本給が低めに設定されていること」「残業や夜勤が少ないため手当が減ってしまうこと」が挙げられます。例えば、中〜大規模の病院から介護施設に転職することで年収が50〜100万円程下がってしまうことは珍しくありません。年収に物足りなさを感じる人も多いと思いますが、一方で、業務時間が短くなったり身体的・精神的な負担が減ったりというメリットもあるため、介護施設へ転職する際には、年収と仕事量のバランスを考えて優先順位を決めることが重要です。

2.責任感やプレッシャーに押し潰されてしまう人も居る

介護施設は病院やクリニックと違って、医師や複数の看護師が常駐しないことも多いため、看護師1人あたりの責任や役割が大きいという特徴があります。そのため、入所者や利用者の急変が起こった際には医師への連絡や応急処置などをテキパキと進めることが求められます。ベテラン看護師であればさほど問題にはならないのですが、この責任感やプレッシャーに押し潰されてしまう若手看護師も居ます。また、介護施設の入所者や利用者の多くは高齢者であるため、看取りに立ち会うことも多く、看護師の精神的な負担になるケースもあります。

介護施設の看護師の年収や時給の相場って?

介護施設の看護師の年収は、残業や夜勤の有無によって異なりますが、全国平均で490万円前後が相場です。また、パートやアルバイトの時給は1,500円〜2,000円が相場です。病院の看護師の仕事と比較すると年収・時給ともに低めであることを覚えておきましょう。

こちらのサイトでは一般的な看護師の年収についてご紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

介護施設に看護師として転職したい人は、介護専門の転職コンサルタントに相談を!

介護施設に看護師として転職したい人は、介護専門の転職コンサルタントに相談すると良いでしょう。通常、看護師の求人を探そうとすると、どうしても病院などの医療機関の求人が中心になるため、介護施設に転職先を絞って考えているのであれば、介護専門の転職コンサルタントに相談することが最も効率的な転職先探しとなります。また、介護施設への転職に不安を感じている人は、プロの転職コンサルタントに相談や質問をすることができるため安心です。当サイトでは、特におすすめの介護士専門の転職サイトを紹介していますので参考にしてみてください。

MC介護のお仕事

MC介護のお仕事MC介護のお仕事MC介護のお仕事は、株式会社メディカル・コンシェルジュが運営する介護従事者のための介護職専門求人情報サイトです。開設当初から医療・介護に特化したサービスを提供しているサイトなので、案内できる求人が8,000件以上(2017年5月調べ)と充実しています。また、会員登録をすると、求人への問い合わせや、介護職専任のキャリアコンサルタントに転職相談をすることができます。日々のお仕事の中で感じる不安や悩みといった相談も親身に応対してくれるおすすめの介護求人サイトです。

ベネッセの介護士お仕事サポート

ベネッセの介護士お仕事サポートベネッセのベネッセの介護士お仕事サポートは、さまざまな勤務形態からご希望の条件にあった求人転職情報・お仕事を紹介してくれる転職サイトです。人材紹介や派遣の求人も扱っていることが特徴で、夜勤専任のお仕事や看護助手をはじめとする、幅広い要望を叶える仕事を紹介してくれます。また、ベネッセMCMでは、全国で有料老人ホームを運営する株式会社ベネッセスタイルケアのグループ会社であることから、介護士の転職にノウハウをたくさん持っており、初めての転職であってもきめ細やかなサポートをしてくれることが大きなメリットです。もちろん、ベネッセスタイルケアの求人を紹介してもらうこともできるので、転職サイトを利用するのであればぜひ利用したいサービスです。