介護施設の管理栄養士の求人・年収・転職のポイント

管理栄養士 転職

管理栄養士の主な職場として、病院や学校をイメージする人が多いと思いますが、最近では介護施設での管理栄養士の採用ニーズが高まっており人気を集めています。ここでは、介護施設で働く管理栄養士の仕事内容・やりがい・給料・転職のコツについて紹介しています。

管理栄養士の基本的な仕事内容

管理栄養士の基本的な仕事内容は、栄養に関するアドバイスや食事の指導を行うことです。管理栄養士の国家資格を取得することで、働くことができるようになります。管理栄養士が活躍する職場としては、医療の現場での栄養指導・学校給食献立の作成や提供・スポーツプレイヤーへの栄養アドバイス・教育機関や企業での研究などがあり、様々な職場で管理栄養士が求められています。

介護施設で働く管理栄養士の仕事内容とは?

管理栄養士が特に求められている介護施設としては、特別養護老人ホーム・有料老人ホーム・デイサービスなど、利用者に対して食事を提供する施設が挙げられます。介護施設の利用者の多くは高齢者であるため、咀嚼力が落ちている人・栄養の吸収が遅い人・アレルギー性の疾患を抱えている人など、様々なニーズに合わせて食材を選択したり献立を作成したりすることが求められます。また、健康な人でも食事に彩りがなく食欲が出ないと感じる人もいるため、より細やかな配慮が大切です。

栄養士も介護施設で働くことはできる?

管理栄養士の資格は持っていないが栄養士の資格は持っているという人も、介護施設で働くことができます。ただし、栄養士は健康な人に対してのみ栄養に関するアドバイスや食事の指導を行うことができるため、転職先はある程度限られるということを覚えておきましょう。また、管理栄養士の資格必須の介護の求人も多いため、実際に求人を探す際には資格要件を必ずチェックしてから応募するようにしましょう。

介護施設で働く管理栄養士が抱えやすい3つの悩みって?

1.職場の人間関係が上手くいかない

管理栄養士は1つの介護施設あたり1人のみ配置されるケースが一般的であるため、職場で孤立しやすかったり仕事の悩みを相談しづらかったりといった悩みを抱えることがあります。また、管理栄養士としての専門性が必要な業務に対して、他の職員から口を出されたり批判されたりすると、大きな精神的ストレスを感じることがあります。

2.献立の作成が大変

管理栄養士と切っても切れない仕事の1つに献立の作成がありますが、介護施設で働く管理栄養士は特に苦労することが多いようです。栄養やアレルギーへの配慮はもちろん、高齢者の味の好みを理解しなければならなかったり、人に合わせて流動食や刻み食などに変えなければならなかったりと、試行錯誤が求められます。

3.事務作業や雑務が多い

介護施設で働く管理栄養士は、基本的に一人で管理栄養士としての仕事をこなす必要があります。そのため、利用者の摂食に関するレポートの作成や献立の作成・印刷といった事務作業も自分で行わなければなりません。また、施設によっては管理栄養士がやらなくてよい雑務を押し付けられることもあり、仕事のモチベーションを下げる要因になっています。

介護施設で働く管理栄養士の年収

介護施設で働く管理栄養士・栄養士の平均年収は約370万円であり、業界や業種を問わない全ての管理栄養士・栄養士の平均年収は約350万円であるため、介護施設の平均年収は相場よりやや高めと言えます。平均年収がやや高めに設定されている理由としては、1人の管理栄養士や栄養士が担当する業務内容が幅広いことと、介護施設の採用ニーズが高いことなどが挙げられます。介護施設数は今後も増加傾向に推移すると予測されており、そこで働く管理栄養士や栄養士の採用ニーズも高まっていくと考えられるため、将来を見据えて介護施設へ転職するのも良いでしょう。

管理栄養士が介護施設へ転職を成功させる2つのポイント

1.具体的な業務内容や業務量をチェックしよう!

介護施設の形態(入所型・通所型など)・介護施設の規模・利用者の数によって、管理栄養士の業務内容や業務量は大きく異なります。大規模施設であれば、管理栄養士が複数在籍することもありますが、そうではないケースもある点に注意しましょう。また、調理業務が含まれる・含まれないであったり、事務作業や雑務が含まれる・含まれないであったり、業務の有無によって仕事の忙しさが大きく異なることもあります。転職後にどのような仕事に従事したいのか整理しておき、面接時に気になるポイントを質問しておきましょう。

2.コミュニケーション能力を磨いておこう!

初めて介護施設に転職する人であれば、「どのような献立が利用者に喜ばれるのか?」「高齢者と上手く信頼関係を築くことができるのか?」といった疑問や悩みに直面することになるでしょう。この疑問や悩みを解決するために重要なのがコミュニケーション能力であり、利用者・同僚・上司に相談しながら成長していくことが大切です。今の職場ではなかなか人と話すことが無いという人であれば、本やセミナーで勉強しておくのも良いでしょう。

介護専門の転職サイトを使って管理栄養士の求人を探そう!

介護施設の管理栄養士の求人を探すなら、介護専門の転職サイトを使うことをお勧めします。一般的な大手の求人サイトや転職サイトを利用するのも良いですが、介護施設に絞って求人を探すなら専門サイトの方が求人数が豊富で効率的に求人を絞り込むことができるためお勧めです。介護業界のプロの転職コンサルタントに転職相談をすることもできるため、初めて転職をお考えの人も安心して転職活動を進めることができます。当サイトでは、特に利用者の満足度の高い介護専門の転職サイトを紹介していますので、参考にしてみてください。

MC介護のお仕事

MC介護のお仕事MC介護のお仕事MC介護のお仕事は、株式会社メディカル・コンシェルジュが運営する介護従事者のための介護職専門求人情報サイトです。開設当初から医療・介護に特化したサービスを提供しているサイトなので、案内できる求人が8,000件以上(2017年5月調べ)と充実しています。また、会員登録をすると、求人への問い合わせや、介護職専任のキャリアコンサルタントに転職相談をすることができます。日々のお仕事の中で感じる不安や悩みといった相談も親身に応対してくれるおすすめの介護求人サイトです。

ベネッセの介護士お仕事サポート

ベネッセの介護士お仕事サポートベネッセのベネッセの介護士お仕事サポートは、さまざまな勤務形態からご希望の条件にあった求人転職情報・お仕事を紹介してくれる転職サイトです。人材紹介や派遣の求人も扱っていることが特徴で、夜勤専任のお仕事や看護助手をはじめとする、幅広い要望を叶える仕事を紹介してくれます。また、ベネッセMCMでは、全国で有料老人ホームを運営する株式会社ベネッセスタイルケアのグループ会社であることから、介護士の転職にノウハウをたくさん持っており、初めての転職であってもきめ細やかなサポートをしてくれることが大きなメリットです。もちろん、ベネッセスタイルケアの求人を紹介してもらうこともできるので、転職サイトを利用するのであればぜひ利用したいサービスです。