ケアワーカー(介護福祉士)の求人・年収・転職のポイント

ケアワーカー 転職

介護業界には様々な専門資格がありますが、ケアワーカー(介護福祉士)は、その最上位資格に位置づけられている国家資格です。ケアワーカーはキャリア志向の強い人に人気の職種であり、また、多くの介護施設で1年を通じて採用ニーズが大きい職種でもあります。ここでは、実際にケアワーカーの仕事をしている人の声を元に、ケアワーカーの転職のコツや転職の際に気をつけるべきことなどを紹介しています。

ケアワーカーってどんな仕事なの?

ケアワーカーとは、三福祉士の1つである「介護福祉士」の国家資格を持つ人たちの通称です。介護福祉士の資格を取得することで、介護に関する専門的な知識や技術が備わっていることが証明されます。ケアワーカーの主な仕事内容は、高齢者や身体の不自由な方の食事・入浴の介助や車いすを使った移動補助であり、また、介護サービスをより良いものにするために、介護サービスの利用者やその家族とコミュニケーションを通じて信頼関係を構築することも大切な仕事の1つとされています。ケアワーカーは、人と接しながら仕事を行うことが多いため、時には対人関係で悩みを抱えることもありますが、利用者やその家族の生活を支えることができるやりがいの大きな仕事です。

ケアワーカーが転職を考える3つの悩み

人気の職種であるケアワーカーですが、仕事内容や職場環境に悩みや不満を感じて転職する人も多い、ということも事実です。また一般的に、介護職は離職率の高い仕事と言われており、実際に、日本全体の平均離職率と比較すると4倍ほど離職率が高いというデータがあります。介護職の離職率が高い理由として、仕事の忙しさ・対人関係のストレス・給料の低さなどさまざまな理由が挙げられますが、ここでは、実際にケアワーカーとして働く人の声を元に、ケアワーカーが転職を考える3つの悩みを紹介します。

1.年収が低い、仕事の忙しさと釣り合わない

ケアワーカーの転職理由の1つとして、「年収の低さ」があります。ケアワーカーの平均年収は340万ほどであり、一般的な企業に勤める方の年収と比較すると決して高いとは言えません。また、中には200万円前後の年収で働いている人や、仕事の忙しさと年収が釣り合っていないと不満を抱える人も決して少なくありません。

一般的な企業と同じように、介護職も勤続年数が長くなればなるほど年収が上がっていくケース(年功序列制)が一般的ですが、しかし一方で、「いつまで経っても給料が上がらない」「みなし労働が多く残業代が支払われない」「昇給や昇進の仕組みが無い」といった職場環境で働いている人もいます。そのため、自分のスキルや経験を武器に、転職によって年収アップや待遇改善を目指すケアワーカーは多く、転職によって50万円以上の年収アップを実現する人もいます。

2.力仕事が多く、体力的な負担が大きい

ケアワーカーの主な仕事は、高齢者や身体の不自由な方の移動・食事・排泄・入浴の介助であり、対象者の体を起こしたり、持ち上げたり、代わりに重いものを持ったりと、何かと力仕事を求められるシーンが多いものです。そのため、ケアワーカーの体力的な負担は大きく、慢性的な肩こりや腰痛に悩む人や、腱鞘炎や椎間板ヘルニアなど重篤な症状に悩む人もいます。

介護施設で働く以上、力仕事が全くないということはありません。しかし、介護スタッフが充実している職場や男性介護スタッフが数多く働く職場に転職することで、体力的な負担をある程度下げることは可能です。また、業務後や休日などの時間を使って、ストレッチをしたり身体を鍛えたりすることも、身体の負担を軽減するおすすめの方法です。

3.人間関係のトラブルや精神的なストレスが大きい

ケアワーカーが直面しやすい人間関係のトラブルとして、「職員とのトラブル」と「利用者やその家族とのトラブル」の2つが挙げられます。

まず、職員とのトラブルが起きやすい理由として、職場の男女比率の偏りがあります。一般的な介護施設の職員の男女比率は「男性:女性=2:8」もしくは「3:7」であることが多く、女性が多いという特徴があります。そのため、男性職員は女性職員の多い職場に居心地の悪さを感じてしまったり、女性職員は女性特有のうわさ話や悪口で人間関係にわずらわしさを感じてしまったり、といった問題が起こることがあります。また、ケアワーカーとヘルパー間、介護職員と医療職員間など、役割分担や介護方針を巡って揉めてしまうケースもあります。

次に、利用者やその家族とのトラブルとして、ケアワーカーやヘルパーが若さや性別を理由に利用者から下に見られてしまったり、利用者の家族から一方的に担当の変更を求められたり、といったことが挙げられます。利用者やその家族と良好な人間関係を築くことは、より良い介護サービスを提供するために必要な条件ですが、コミュニケーションを上手く図ることができないとケアワーカーのストレスに繋がることがあります。

このような人間関係のトラブルや精神的なストレスは、転職によって改善するケースも多いため、いまの職場で働き続けることが難しい…と感じたら転職を考え始めるのも良いでしょう。

ケアワーカーが転職を成功させるポイント

特に、初めて転職をお考えの人であれば、転職のコツやポイントを押さえて転職活動を進めることが大切です。準備が不十分なままで転職活動を進めてしまうと、転職に失敗したり転職を繰り返してしまったりという結果に繋がりかねません。また、あまりに転職回数が多いと、それだけでマイナス評価を受けることがあり、徐々に転職が難しくなっていきます。ここでは、そのような失敗を防ぎ転職を成功させるポイントを紹介しています。

介護職員が不足している今が転職のチャンス!

介護業界の抱える、いわゆる「2025年問題」を耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか?厚生労働省は、2025年度に介護職員が全国で約38万人不足するという推計を発表しています。2025年は、団塊の世代が75歳以上になる年でもあり、介護職員数と要介護者数のバランスが大きく崩れるタイミングとされています。しかも、これは日本のある一部に限ったことではなく、すべての都道府県に共通する大きな問題です。この流れを受けて、日本では介護現場ではたらく外国人の受け入れを拡大する対策を進めています。それほど、日本の介護職の人材は足りていないのです。

このような状況の中、ケアワーカーの仕事は介護職のなかでも将来性があると言われています。国は、より質の高いケアワーカーを育成するために、ケアワーカーを介護職員基礎研修・ホームヘルパー研修・実務者研修修了者の上位資格として位置づけています。また、2017年1月から介護福祉士実務者研修の義務化が始まるなど、よりケアワーカーの専門性を高める動きが進んでいます。よって、ケアワーカーは介護現場のエキスパートとして、今後も採用ニーズが高まっていくことが予想され、まさに絶好の転職チャンスと言えるでしょう。

転職直後の年収だけでなく、将来的な年収にも注目しよう!

転職先を決めるにあたって年収を重視する人は多いですが、転職直後の年収だけではなく、今後の数年・数十年でどのくらいの収入を得ることができるか、という点にも注目して仕事を選ぶようにしましょう。勤務する介護施設や施設経営者(国の施設か、民間企業の施設かなど)によって、年収・昇給のしやすさ・賞与の有無や金額は大きく違います。そのため、転職の基本知識として、ケアワーカーの年収や生涯所得の相場・勤続年数と昇給率の関係を理解しておくことはとても重要です。介護専門の転職コンサルタントに相談することで、これらの情報を効率的に集めることができますので、まず転職サイトに登録してみると良いでしょう。

条件や待遇の良さだけでなく、自分の向き不向きに合わせて仕事を選ぼう!

転職活動を続けていると、年収の高さや条件・待遇の良さにどうしても目が向いてしまい、自分の向き・不向きを無視して転職先を選んでしまいがちです。そんな時は、「なぜケアワーカーの仕事を選んだのか?」ということを、冷静に振り返って整理してみることをおすすめします。

例えば、要介護者やその家族から感謝の言葉をかけていただくことに、大きな喜びと仕事のやりがいを感じるケアワーカーは多いと思います。年収や職場の人間関係に多少の不満があっても、それを超える喜びや価値を得たいと考えるタイプの人です。この場合、転職活動で重視すべきポイントは、転職先の介護方針や施設利用者の評判であり、年収の高さや条件・待遇の良さでは無いでしょう。

このように、条件や待遇だけに注目するのではなく、「自分に向いている仕事なのか?」「やりがいのある仕事なのか?」など、自分らしい働き方を整理した上で仕事を選ぶようにしましょう。

就業体験に参加するなど、事前に職場環境をチェックしておこう!

「実際の職場の雰囲気や人間関係を知ることができないと、なかなか転職先を決めることができない…」いう人は多いと思います。そんな人は、転職する前に就業体験をしてみてはどうでしょうか?就業体験は介護施設が採用活動の一環として行っている活動であり、介護専門の転職サイトで対象の求人特集が組まれていることもあります。できる限り不安や疑問を無くし、悔いのない転職活動をしましょう!

介護専門の転職サイトを使ってケアワーカーの求人を探そう!

ケアワーカーを始め介護職の求人はとても多いため、一般的な求人サイトや求人誌を使って転職先を探すことも可能ですが、介護職の皆さんが欲しい情報が記載されていなかったり、希望する条件で求人を絞り込むことができなかったり、といった使いづらさを感じることがあります。

そのため、当サイトでは介護専門の転職サイトを使って転職活動を行うことをお勧めしています。ケアワーカーの求人が豊富に掲載されており、転職に関する様々な悩みをプロの転職コンサルタントに相談することができますので、初めて転職する人も安心して転職活動を進めることができます。無料で登録・利用することができますので、まず転職サイトに登録してみることから始めてはどうでしょうか?

MC介護のお仕事

MC介護のお仕事MC介護のお仕事MC介護のお仕事は、株式会社メディカル・コンシェルジュが運営する介護従事者のための介護職専門求人情報サイトです。開設当初から医療・介護に特化したサービスを提供しているサイトなので、案内できる求人が8,000件以上(2017年5月調べ)と充実しています。また、会員登録をすると、求人への問い合わせや、介護職専任のキャリアコンサルタントに転職相談をすることができます。日々のお仕事の中で感じる不安や悩みといった相談も親身に応対してくれるおすすめの介護求人サイトです。

ベネッセの介護士お仕事サポート

ベネッセの介護士お仕事サポートベネッセのベネッセの介護士お仕事サポートは、さまざまな勤務形態からご希望の条件にあった求人転職情報・お仕事を紹介してくれる転職サイトです。人材紹介や派遣の求人も扱っていることが特徴で、夜勤専任のお仕事や看護助手をはじめとする、幅広い要望を叶える仕事を紹介してくれます。また、ベネッセMCMでは、全国で有料老人ホームを運営する株式会社ベネッセスタイルケアのグループ会社であることから、介護士の転職にノウハウをたくさん持っており、初めての転職であってもきめ細やかなサポートをしてくれることが大きなメリットです。もちろん、ベネッセスタイルケアの求人を紹介してもらうこともできるので、転職サイトを利用するのであればぜひ利用したいサービスです。