介護福祉士(ケアワーカー)の資格

ケアワーカー 転職

介護福祉士の資格は、介護職員初任者研修の資格を取得して数年間の実務経験を積んだ人が取得を検討することが多い資格です。ここでは、介護福祉士の資格取得の方法や、有資格者の仕事内容・職場・年収相場について紹介しています。

介護業界を代表する国家資格「介護福祉士(ケアワーカー)」

介護福祉士は、介護業界を代表する国家資格であり、介護の資格のなかでも上位資格に位置づけられています。介護福祉士の有資格者は介護のスペシャリストとして認定され、医療機関や介護福祉施設で、より責任が大きく幅広い業務に携わることができます。介護業界でキャリアアップを強く希望する人にとって、介護福祉士の資格は必須資格と言って良いでしょう。

介護福祉士(ケアワーカー)を取得するためには?

介護福祉士の資格を取得するためのルートは複数あり、実務経験を3年以上積んだ上で指定の研修と国家試験を受けるルートや、福祉系の高校や養成施設を卒業して国家試験を受けるルートなどがあります。既に介護業界で働いている人であれば、前者のルートで介護福祉士の資格取得を目指すケースが一般的であり、働きながら通信制や通学制の資格学校に通うことが必要です。なお、介護職員初任者研修など所定の介護専門資格をすでに取得している場合には、受講科目が免除されるなどのメリットがありますので、覚えておきましょう。

介護福祉士(ケアワーカー)の仕事内容とは?

介護福祉士の仕事内容は非常に幅広く、具体的には、介護サービス利用者の身体介護や生活介護、利用者やその家族からの相談への対応、医療機関など他の関連機関との連絡調整・介護職員の育成や指導などが挙げられます。専門職でありながら総合職の仕事も担当するため、介護人材としての知識やスキルをメキメキと向上させることができます。

介護福祉士(ケアワーカー)って大変な仕事じゃないの?

上述のように、介護福祉士は非常に多岐に渡る仕事に従事するため、介護職の中でもハードな仕事として有名です。慣れない内は残業や休日出勤が続いてしまったり、トラブルが発生した際には責任者として謝罪をしなければならなかったりと、体力的・精神的な負担が大きい仕事と言えます。しかし、介護福祉士だからできる仕事や感じることのできるやりがいがあることも事実であり、介護のスペシャリストとして充実したワークライフを送ることができるというメリットもあります。

介護福祉士(ケアワーカー)が活躍する主な3つの職場

1.入所型の介護施設(特別養護老人ホームなど)

特別養護老人ホームや有料老人ホームなどの入所型の介護施設では、特に即戦力の介護人材が求められています。入所型の介護施設は、要介護度の高い入所者が多い・24時間体制で運営されている・職員数が多いといった特徴があるため、介護に関する専門的な知識やスキルを持った介護福祉士を積極的に採用しています。介護福祉士として仕事をする際の注意点としては、夜勤シフトが多めになることが多いということであり、気になる人は面接時にチェックしておくことをお勧めします。

2.通所型の介護施設(デイサービスなど)

デイサービスやデイケアなどの通所型の介護施設でも介護福祉士は求められています。通所型の介護施設は正社員よりもアルバイトやパートの職員が多く働いているという特徴があり、それらの職員を取りまとめる責任者が必要とされています。また、新人職員に対して教育や指導を行うことも介護福祉士の重要な役割の1つです。

3.訪問型の介護サービス(訪問介護など)

訪問介護では3人1組で利用者の自宅を訪問しますが、そのうち最低1人は介護福祉士が含まれていることが必須であるため、介護福祉士の採用ニーズは高いと言えます。介護福祉士の具体的な仕事内容としては、ケアプランの作成、介護職員の教育・指導、現場の指揮監督、書類作成や管理、訪問のための運転など様々です。

介護福祉士(ケアワーカー)の年収相場

介護福祉士の年収相場は330〜360万円ほどであり、介護職全体の年収相場と比較するとやや高めの水準と言えますが、仕事内容や仕事量と収入のバランスに不満を感じる介護福祉士は多く、より年収や待遇の良い職場を探して転職を決める人も居ます。より高い年収を目指すのであれば、大手民間企業が運営する介護施設の求人を中心に探したり、残業手当や夜勤手当がしっかり支払われる職場を探したり、なるべく多く面接を受けて条件の交渉をしたり、といった工夫をして転職活動を行うことが大切です。

なお、介護福祉士は正社員採用されるケースが多いものの、一部非正規採用の求人もあり、時給の相場は首都圏の場合であっても900〜1,600円と低水準であるため、よっぽどの理由がない限りは正社員として働くことをお勧めします。(非正規採用の場合、介護福祉士の資格が考慮されないケースもあるようです。)

認定介護福祉士(ケアワーカー)の資格を取得して、年収アップ・キャリアアップを目指そう!

介護福祉士から更に上のステップを目指したいという人は、認定介護福祉士の資格の取得を考えてみてはどうでしょうか?認定介護福祉士は介護福祉士の上位資格であり、2015年により高品質な介護サービスの提供を目的に設立された新しい資格です。認定介護福祉士の資格を取得することで、「介護に関するより専門的な知識やスキル」「現場や職員のマネジメント能力」といった実務能力の証明になります。

認定介護福祉士には、「7〜8年以上の実務経験」「リーダー・マネジャーとしての経験」「訪問系・施設系両方の実務経験」があることが望ましいとされているため、これらの経験を重ねた上で資格取得にチャレンジすることをお勧めします。介護福祉士の資格があるだけでも転職を有利に進めることができますが、認定介護福祉士の資格を取得することで、年収アップやキャリアアップをよりスピーディーに実現することができます。

介護福祉士(ケアワーカー)の転職は、介護専門の転職コンサルタントに相談を!

介護福祉士は介護業界のキャリア人材であるため、介護専門の転職コンサルタントに相談しながら転職活動を進めることをお勧めします。自分の資格や経験が介護業界の求人市場でどのくらい評価の対象になるのか、今後のキャリアをどのように考えればよいのかなど、情報の収集と整理をした上で転職に臨みましょう。また、転職コンサルタントの有無によって、転職後の年収や待遇に大きな差が生まれることもありますので、是非検討してみて下さい。当サイトでは、特に介護福祉士の転職に強い介護専門の転職サイトを紹介しています。無料登録することで転職コンサルタントに無料相談することができますので、是非チェックしてみて下さい!

MC介護のお仕事

MC介護のお仕事MC介護のお仕事MC介護のお仕事は、株式会社メディカル・コンシェルジュが運営する介護従事者のための介護職専門求人情報サイトです。開設当初から医療・介護に特化したサービスを提供しているサイトなので、案内できる求人が8,000件以上(2017年5月調べ)と充実しています。また、会員登録をすると、求人への問い合わせや、介護職専任のキャリアコンサルタントに転職相談をすることができます。日々のお仕事の中で感じる不安や悩みといった相談も親身に応対してくれるおすすめの介護求人サイトです。

ベネッセの介護士お仕事サポート

ベネッセの介護士お仕事サポートベネッセのベネッセの介護士お仕事サポートは、さまざまな勤務形態からご希望の条件にあった求人転職情報・お仕事を紹介してくれる転職サイトです。人材紹介や派遣の求人も扱っていることが特徴で、夜勤専任のお仕事や看護助手をはじめとする、幅広い要望を叶える仕事を紹介してくれます。また、ベネッセMCMでは、全国で有料老人ホームを運営する株式会社ベネッセスタイルケアのグループ会社であることから、介護士の転職にノウハウをたくさん持っており、初めての転職であってもきめ細やかなサポートをしてくれることが大きなメリットです。もちろん、ベネッセスタイルケアの求人を紹介してもらうこともできるので、転職サイトを利用するのであればぜひ利用したいサービスです。