介護業界のアルバイト・パートの仕事内容・求人・時給・転職のポイント

介護士 アルバイト パート

初めて介護業界にチャレンジする人や他業界から介護業界へ転職する人であれば、アルバイト・パートからスタートするケースが一般的です。また、アルバイト・パートの仕事は、家事や育児と仕事の両立を目指す人や、掛け持ち(Wワーク)で働きたい人に人気があります。ここでは、介護職のアルバイト・パートの仕事内容や時給の相場、メリット・デメリット、アルバイト・パートの求人の探し方について紹介しています。

アルバイト・パートの採用が多い介護の仕事・職種ランキング【TOP3】

1.訪問介護(訪問入浴)ステーション

介護職のアルバイト・パートの求人が多い代表的な職場は、「訪問介護(訪問入浴)ステーション」です。訪問介護・訪問入浴は、介護サービス利用者の自宅に伺って食事や入浴などの介助を行う仕事であり、介護業界未経験の人やフルタイム以外の働き方をしたい人も積極的に採用されています。

アルバイト・パートの採用が多い理由は大きく2つあり、①特別養護老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅などの介護施設のような担当者制ではなく、必要な介護職員が必要なタイミングで居れば良い「持ち回り制(シフト制)」であること ②身体介護に関する高度な知識やスキルが求められるシーンが少ないこと が挙げられます。また、3人1組で訪問することが一般的であるため、初心者でも安心して介護の仕事を覚えることができる、というメリットがあります。

2.サービス付き高齢者向け住宅

サービス付き高齢者向け住宅は、有料老人ホームに代わるサービスとして増加の一途を辿っている注目の介護施設です。サービス付き高齢者向け住宅の入居者は健康な人が多く、移動や食事などの日常生活に大きな支障が無い人がほとんどであるため、介護職員の主な仕事内容は見守りや相談サポートなどです。そのため、介護に関する高度なスキルや知識を求められるシーンはほとんどなく、コア業務を行う正社員を除いて、アルバイトやパートのシフト制で運営されているケースが一般的です。

3.デイケア・デイサービス

デイケア・デイサービスは、通所型の介護施設であり、利用者に対して日常生活の介助やリハビリ、レクリエーションの提供などを行う仕事です。サービス付き高齢者向け住宅と同じように、要介護度の高い人が通う施設では無いため、専門的な介護の知識やスキルが求められるシーンはほとんどなく、アルバイトやパートのスタッフの採用が積極的に行われています。また、デイケア・デイサービスは日勤のみの仕事であるため、仕事とプライベートのバランスを取りやすい・夜勤シフトが無いといったメリットもあります。

介護職のアルバイト・パートの時給の相場って?

介護職のアルバイト・パートの時給の相場は、全国平均で1,200〜1,300円ほどであり、一般的なアルバイト・パートの時給と比較しても決して低い相場ではありません。ただし、介護職の時給は、介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)などの介護専門資格の有無によって変動することが一般的であるため、資格が無いと時給が下がってしまったり、なかなか採用してもらえなかったりということがあります。

介護職のアルバイト・パートの仕事をする3つのメリット

1.介護職員の採用ニーズが安定的に高い

日本の高齢社会の進行に伴い、高齢者を支える介護施設は増え続け、介護職員の採用ニーズも高まり続けています。また、従来の介護職員のスタンダートな働き方はフルタイムの正社員でしたが、働き方や採用方法の多様化によって、アルバイト・パート・派遣といった非正規の働き方も主流になってきています。介護業界は慢性的な人手不足に悩んでいるというデメリットがある一方で、求職者優位で仕事探しや転職活動を有利に進めやすいというメリットもあります。

2.正社員への道が開かれている

介護業界の特徴として、アルバイト・パートで実務経験を積み、必要な専門資格を取得することで、正社員登用や正社員への転職の道が開かれているということが挙げられます。その他の業界では、非正規雇用の人が正規雇用されることはそう簡単なことではありませんので、これは介護業界で働く大きなメリットと言えます。もちろん、正社員になることで福利厚生・賞与(ボーナス)・役職手当などを受け取ることができますので、実際に感じるメリットも大きいものです。正社員を強く望む人であれば、正社員登用制度や資格取得支援制度のある職場を中心に求人を探すと良いでしょう。

3.私生活でも役に立つ介護の知識やスキルを身に付けることができる

介護の仕事は自分の生活にも密着した仕事であり、例えば自分の親や配偶者の介護が必要なシーンが訪れた時に、仕事で身に付けた介護の知識やスキルを活かすことができます。また、介護サービス利用者とコミュニケーションやアクティビティを一緒に行うことで、人生に役立つアドバイスを貰うことができたり、自分の老後をイメージしたりできることも、介護職ならではのメリットです。

介護職のアルバイト・パートの仕事をするデメリット

1.時給と仕事量のバランスに不満を感じることがある

介護職の時給の相場は1,200〜1,300円ほどであり、一般的なアルバイトやパートの時給と比較して、決して低い水準ではありません。しかし、仕事内容や職場によっては、かなり低めの時給が設定されていたり、時給と仕事量のバランスに不満を感じたりすることがあります。介護業界の人材市場は売り手市場であり、介護職の求人は豊富にあるため、時給や待遇の悪い職場を自ら選択するケースはほとんど無いと思いますが、仕事内容や職場の雰囲気をしっかりチェックしておかないと、この問題に直面することがあります。

2.力仕事が多く、体力的な負担が大きい

介護の仕事は、要介護者の移動・食事・排泄・入浴などの介助やリハビリのサポートがメインであるため、力仕事や体力を求められるシーンが多いという特徴があります。また、残業が多い職場や夜勤シフトの多い職場で働いている人であれば、睡眠時間が少なくなったり生活リズムが不規則になったりすることで、体調を崩してしまうケースもあります。介護に限らずどのような仕事でも大変さはありますが、介護職は特に体力的なタフさが求められるということを覚えておきましょう。

介護職のアルバイト・パートに求められることって?

介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)の資格を取得していること

介護のアルバイトやパートの仕事は、介護業界未経験の人も採用されやすいというメリットがありますが、一方で、介護業界では資格が重視されるという特徴もあります。特に、介護業界のビギナー資格である「介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)」は、介護業界未経験の人であっても取得しておくことが望ましい資格です。資格不問のアルバイト・パートの求人もありますが、やはり有資格者の方が採用されやすく、またもし採用されたとしても、介護に関する基本的な知識が無いと仕事のやりづらさを感じてしまうかも知れません。介護職員初任者研修は、働きながらでも取得可能な資格であるため、事前準備として取得しておきましょう!

基本的なコミュニケーション能力があること

要介護者の介助など、力仕事のイメージが強い介護の仕事ですが、信頼関係を構築したり適切な介護サービスを提供したりするためには、要介護者やその家族とのコミュニケーションを円滑に行うことも重要です。また、介護の現場ではチーム制で仕事をすることが多く、介護職員や医療スタッフとの連携が求められます。コミュニケーション能力はどのような仕事にも大切なスキルですので、不安な人は学習や練習をしておくのも良いでしょう。

介護専門の求人サイトに登録してみよう!

介護のアルバイトやパートの仕事を探すなら、介護専門の求人サイトを使ってみることをお勧めします。初めて介護業界にチャレンジする人であれば見慣れない求人サイトだと思いますが、介護業界の仕事探しや転職に欠かせない求人サイトです。完全無料で利用することができますので、どのような求人があるか探してみましょう!

MC介護のお仕事

MC介護のお仕事MC介護のお仕事MC介護のお仕事は、株式会社メディカル・コンシェルジュが運営する介護従事者のための介護職専門求人情報サイトです。開設当初から医療・介護に特化したサービスを提供しているサイトなので、案内できる求人が8,000件以上(2017年5月調べ)と充実しています。また、会員登録をすると、求人への問い合わせや、介護職専任のキャリアコンサルタントに転職相談をすることができます。日々のお仕事の中で感じる不安や悩みといった相談も親身に応対してくれるおすすめの介護求人サイトです。

ベネッセの介護士お仕事サポート

ベネッセの介護士お仕事サポートベネッセのベネッセの介護士お仕事サポートは、さまざまな勤務形態からご希望の条件にあった求人転職情報・お仕事を紹介してくれる転職サイトです。人材紹介や派遣の求人も扱っていることが特徴で、夜勤専任のお仕事や看護助手をはじめとする、幅広い要望を叶える仕事を紹介してくれます。また、ベネッセMCMでは、全国で有料老人ホームを運営する株式会社ベネッセスタイルケアのグループ会社であることから、介護士の転職にノウハウをたくさん持っており、初めての転職であってもきめ細やかなサポートをしてくれることが大きなメリットです。もちろん、ベネッセスタイルケアの求人を紹介してもらうこともできるので、転職サイトを利用するのであればぜひ利用したいサービスです。