介護業界の契約社員の仕事内容・求人・年収・転職のポイント

介護士 契約社員

契約社員という働き方は介護業界では比較的新しい働き方であるため、そもそも契約社員とはどういう働き方なのか分からないという人も多いのではないでしょうか?ここでは、介護業界で契約社員の仕事を探している人に、契約社員の仕事内容と年収について、また転職活動のコツについて紹介しています。また、契約社員として転職すべきか悩んでいる人に、契約社員の魅力や注意点について紹介します。

介護業界で契約社員の採用が多い職種ランキング【TOP3】

1.ヘルパー

ヘルパーは、介護サービス利用者に対して身体介護・生活援助・相談・助言を行う仕事です。契約社員のヘルパーとして働くためには、「介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)」の資格を持っていることが最低条件であることが一般的です。契約社員のヘルパーとして経験を積み、正社員のケアワーカー(介護福祉士)へキャリアアップを目指すこともできます。

2.ケアマネージャー(介護支援専門員)

ケアマネージャーは、介護サービス利用者のためのケアプランを作成したり、そのプランを実行するために必要な関係機関との連絡・調整を行ったりする仕事です。契約社員のケアマネジャーとして実務経験を積んだ後に、正社員登用されたり管理職に昇進したりすることが可能です。

3.看護師

常勤の看護師を採用する必要が無い介護施設も多いため、契約社員の看護師を採用したいというニーズは一定数あります。また看護師側も、残業や夜勤の多い病院から介護施設に転職することで、家事や育児と仕事の両立を図りたいというニーズがあります。

職場別の契約社員の年収ランキング【TOP3】

1.訪問介護(訪問入浴)ステーション

訪問介護(訪問入浴)の仕事は契約社員の年収の相場が高めに設定されていることが多く、具体的には約320〜330万円が年収の相場です。正社員の訪問介護(訪問入浴)の仕事はシフト制で働くことが多いため、土日祝日のまとまった休みを取りづらいというデメリットがありますが、契約社員や非正規雇用の場合だと平日勤務のみといった働き方を選ぶことができるというメリットがあります。

2.グループホーム

グループホーム(認知症高齢者グループホーム・認知症対応型共同生活介護)は、軽度の認知症患者が少人数で共同生活をおこなう介護施設ですが、夜勤専従の契約社員の求人を中心に高めの年収が設定されています。具体的な年収の相場は約300〜320万円ですが、求人によって年収や時給のバラつきが多いため、具体的な求人をチェックしてみて下さい。

3.デイサービス・デイケア

デイサービス・デイケアは、通所型の介護サービスであるため、残業が少ない・夜勤が無い・土日祝日に休めるといった特徴があります。しかし、デイサービス・デイケアの契約社員の年収の相場は高めに設定されており、約250〜300万円が年収の相場です。働きやすい環境で一定の年収を得ることができるため、介護職の職場として人気があります。

契約社員として働くメリット

1.転職や退職をしやすい

契約社員は、1年間など契約期間を決めて働くという雇用形態であるため、契約満了になれば、契約を更新して働き続けるか転職や退職をするかといった判断を自由にすることができるというメリットがあります。正社員として働いていると、優秀な人であればあるほど転職や退職をしづらいことが多いため、ワーク・ライフ・バランスを考慮して契約社員という働き方を選ぶ人が増えています。

2.将来的な正社員登用を期待できる

介護職の求人にはアルバイトやパートなど非正規雇用の求人も多く、特に介護業界の経験が無いもしくは短い人や必要な資格が不足している人であれば、スタートから正社員の仕事を見つけることは難しいものです。その点、契約社員は雇用主側が正社員として採用すべきか判断するまでの試用期間としての意味合いも持っているため、契約社員として与えられた業務をしっかりとこなすことができれば、将来的な正社員登用を見込むことができます。正社員登用を積極的に行っている施設や事業所では、正社員登用の制度をしっかり整備しているため、そのような求人に絞って仕事を探すのも良いでしょう。

3.正社員に近い待遇で働くことができる

正社員と契約社員は契約期間の定めがあるという点で異なりますが、賞与(ボーナス)や福利厚生などの待遇面で大きな差はなく正社員に近い待遇で働くことができるというメリットがあります。また、正社員と契約社員で行うべき仕事内容に違いがあるケースが多く、例えば「利用者の家族への対応は正社員が行い、契約社員は行わない」「正社員は会議に必須参加だが、契約社員は任意参加で良い」といった違いがあります。そのため、契約社員の方が体力的な負担や精神的なストレスが少ない環境で働くことができるというメリットもあります。

契約社員として働く際に注意すべきこととは?

1.契約満了後のキャリアも見据えておく

契約社員の契約期間は、1年以下の短期のものもあれば5年以上の長期のものもあります。特に短期の契約で働く場合、契約満了後のキャリアを見据えた上で仕事探しをすることが重要であり、正社員登用制度のある職場や転職の武器になる実務経験を積むことができる職場を選ぶことをお勧めします。あまりに職場をころころと変えてしまうと、中長期的に転職が難しくなるケースがあるため注意しましょう。

2.退職金の有無や内容を確認する

長期の契約社員として働く場合、正社員と同じように福利厚生として退職金制度が用意されていることがあります。定年後の生活に関わるお金であるため、退職金制度の具体的な内容について面接時に必ずチェックしておくようにしましょう。

介護専門の求人サイトで、契約社員の仕事を探してみよう!

介護職の契約社員の求人は通年で豊富に掲載されているため、介護専門の求人サイトを使うことで効率的に求人を探すことができます。介護職の人が探しやすい設計になっているため、職種・資格・希望条件などを入力することで素早く条件にマッチした求人を見付けることができます。当サイトでは、特におすすめの介護専門の求人サイトを紹介していますので、参考にしてみてください。

MC介護のお仕事

MC介護のお仕事MC介護のお仕事MC介護のお仕事は、株式会社メディカル・コンシェルジュが運営する介護従事者のための介護職専門求人情報サイトです。開設当初から医療・介護に特化したサービスを提供しているサイトなので、案内できる求人が8,000件以上(2017年5月調べ)と充実しています。また、会員登録をすると、求人への問い合わせや、介護職専任のキャリアコンサルタントに転職相談をすることができます。日々のお仕事の中で感じる不安や悩みといった相談も親身に応対してくれるおすすめの介護求人サイトです。

ベネッセの介護士お仕事サポート

ベネッセの介護士お仕事サポートベネッセのベネッセの介護士お仕事サポートは、さまざまな勤務形態からご希望の条件にあった求人転職情報・お仕事を紹介してくれる転職サイトです。人材紹介や派遣の求人も扱っていることが特徴で、夜勤専任のお仕事や看護助手をはじめとする、幅広い要望を叶える仕事を紹介してくれます。また、ベネッセMCMでは、全国で有料老人ホームを運営する株式会社ベネッセスタイルケアのグループ会社であることから、介護士の転職にノウハウをたくさん持っており、初めての転職であってもきめ細やかなサポートをしてくれることが大きなメリットです。もちろん、ベネッセスタイルケアの求人を紹介してもらうこともできるので、転職サイトを利用するのであればぜひ利用したいサービスです。