土日休みのお仕事まとめ

介護士 土日休み

介護の仕事と聞くと、ハードなイメージが先行してしまい、「土日は休めない」というイメージを持っている人が多いかもしれませんが、介護の仕事には、土日にお休みをもらえるものもあります。ここでは、介護業界で働きながら土日をしっかり休みに充てたい人へ、そのような働き方ができる職場の紹介などを書いています。

土日休みの仕事ができる職場ランキング【TOP3】

1.訪問介護・訪問入浴

訪問介護・訪問入浴は、施設自体が土日休みであることが多いため、そのような施設の場合は、雇用形態に関わらずスタッフ全員が土日休みとなります。また、訪問介護・訪問入浴は日勤のみのため、夜勤が発生しないことも、特徴の一つです。

2.デイサービス・デイケア

デイサービス・デイケアも、訪問介護。訪問入浴と同様に、土日休みであることが多いです。施設によっては、日曜が定休で、他の週1日の休みをシフト制で回しているところもあります。デイサービス・デイケアには、ショートステイのサービスも並行して提供している施設もあります。

3.有料老人ホーム、特別養護老人ホーム、病院等の入所型施設

有料老人ホームや特養などの入所型介護施設や、医療機関である病院でも、土日休みを固定の条件として勤務できるところがあります。ただし、このような入所・入院型の施設の場合、施設自体が土日であることはほぼありません。スタッフのシフトの折り合いをつけて、土日休みにすることができる場合のみ、土日休みで働くことができます。訪問・通所型の訪問介護・訪問入浴、デイサービス・デイケアと比較すると、土日休みの求人数はかなり少なくなります。

土日休みで介護の仕事をする2つのメリット

1. プライベートの予定を組みやすい

土日休みで働くメリットは、プライベートの予定を組みやすいことです。なぜなら、シフト制とは違い、どの曜日が固定かが確実にわかっているので、数週間、数ヶ月先の予定でも問題なく立てることができるからです。
また、土日休みの場合、土日の2連休の休みを毎週もらうことができるので、泊りがけの予定も毎週入れることができます。シフト制の場合は、2日間休むことができても、連休がとれることはそこまで多くありません。連休を毎週とれることが約束されていることも、土日休みのメリットと言えます。

2. 疲れをとりやすい

正社員で土日休みの場合、毎週土日の連休をもらうことができます。そのため、シフト制で1日ずつ週2日のお休みをもらうよりも、まとまった休養をとることができます。まとまった休養をとることで、平日5日間に必要な体力をチャージすることができます。介護の仕事は体力勝負な部分も多いですので、身体の疲労は相当なものになると思います。その疲労を回復させる時間をまとめて2日間もらえることを、メリットとして捉える介護従事者は多いです。ただし、中にはシフト制で1日ずつ休みをもらうほうが体力の回復がしやすいという人もいますので、自分の身体のリズム次第というところでもあります。なので、どのペースで休みをとることがベストコンディションにつながるのかを、分かったうえで転職先を選ぶことが大切です。

土日休みの仕事を選ぶ際の3つの注意点

1.今後も土日休みで営業を続けるかどうか、面接時に確認しよう!

施設としてのの土日休みが続くかを確認しよう

求人情報に「施設として土日休み」と記載があっても、この先ずっと土日休みで営業をし続けるかどうかは分かりません。なぜなら、特に民間の営業施設の場合は、利用者のニーズに合わせて提供サービスを変える可能性もあるからです。なので、この先長期的に土日休みの施設で働きたいと考える場合は、面接時に土日休みでなくなる可能性はあるかどうかを確認しましょう。

土日休みを希望する旨をはっきり伝えましょう

「土日休み」と記載がある求人への応募であっても、面接時には土日休みの希望である旨をしっかり伝えましょう。なぜなら、採用側が「当初は土日休みの求人を出していたけれど、状況が変わったので、土日のどちらか、もしくは両方出勤してほしい」と言ってくることもあり得るからです。求人情報の情報が、必ずしも最新の情報ではないことを知っておきましょう。それを踏まえたうえで、自分の希望を明確に伝えるようにしましょう。そうすれば、採用側との意見の相違がない状態で選考を進めることができるので、採用されてからもトラブルにならずに済みます。

2.土日休みの求人でも、土日以外も勤務できる人が優先的に採用されることを知っておこう!

求人に「土日休み」と記載があっても、土日以外も勤務が可能な旨を伝えることで、採用される可能性が高まることがあります。なぜなら、土日も営業している施設の場合には、シフトの融通が効く人のほうが採用されやすいからです。施設として土日が休みの場合はあまり関係ありません。なので、土日も営業している施設の、土日休みの求人に応募する場合、土日以外も勤務する意欲があるようであれば、採用側に伝えたほうが、選考を有利に進めることができます。

3.休みに関する用語を理解した上で求人を探そう!〜「週休2日制」と「完全週休2日制」〜

用語の意味を正しく理解していないと、自分の希望に合った求人情報を見分けることができません。ここでは、土日休みの求人を探す人が目にしやすく、意味がわかりにくい用語「週休2日制」と「完全週休2日制」について解説します。
正社員として土日休みの仕事を探すとよく目にする用語が「週休2日制」と「完全週休2日制」です。

  • 「週休2日制」とは、1年を通して、月に1回以上2日の休みがある週があり、他の週は1日以上の休みがあることです。そのため、「週休2日制(土日)」の場合は、1ヶ月のうち土日休みの週が1回だけの可能性があります。
  • 「完全週休2日制」とは、1年を通して、毎週2日の休日があることを指します。例えば、「完全週休2日制(土日)」 の場合は、毎週土曜と日曜が必ず休みになります。

似た用語ですが、意味はまったく異なりますので、注意しましょう。

介護専門の転職サイトで、土日休みの求人を探そう!

土日休みの求人は、パート・アルバイトでしたらすぐに見つけることができます。正社員求人でも、訪問・通所型の介護施設だと、土日休みの求人がある場合が多いので、ぜひ探してみましょう。以下の転職サイトでは、プライベートとの両立が可能な介護求人特集のなかで、土日休みの求人を取り上げています。ぜひサイトに登録のうえ、チェックしてみてください!

MC介護のお仕事

MC介護のお仕事MC介護のお仕事MC介護のお仕事は、株式会社メディカル・コンシェルジュが運営する介護従事者のための介護職専門求人情報サイトです。開設当初から医療・介護に特化したサービスを提供しているサイトなので、案内できる求人が8,000件以上(2017年5月調べ)と充実しています。また、会員登録をすると、求人への問い合わせや、介護職専任のキャリアコンサルタントに転職相談をすることができます。日々のお仕事の中で感じる不安や悩みといった相談も親身に応対してくれるおすすめの介護求人サイトです。

ベネッセの介護士お仕事サポート

ベネッセの介護士お仕事サポートベネッセのベネッセの介護士お仕事サポートは、さまざまな勤務形態からご希望の条件にあった求人転職情報・お仕事を紹介してくれる転職サイトです。人材紹介や派遣の求人も扱っていることが特徴で、夜勤専任のお仕事や看護助手をはじめとする、幅広い要望を叶える仕事を紹介してくれます。また、ベネッセMCMでは、全国で有料老人ホームを運営する株式会社ベネッセスタイルケアのグループ会社であることから、介護士の転職にノウハウをたくさん持っており、初めての転職であってもきめ細やかなサポートをしてくれることが大きなメリットです。もちろん、ベネッセスタイルケアの求人を紹介してもらうこともできるので、転職サイトを利用するのであればぜひ利用したいサービスです。