高年収のお仕事まとめ

介護士 高年収

一般的に、介護の仕事は収入が低いと言われますが、働き方によっては、高収入を得ることも可能です。ここでは、介護業界で高年収を狙う方法とコツについて紹介しています。

介護業界で高年収を目指す5つの方法

1.転職する

転職は、収入を上げるためにとても有効な手段のひとつです。なぜなら、介護職経験者であれば、今の自分の給与よりも高い給与条件で雇ってくれる施設が必ずと言っていいほど存在するからです。中には、転職をしたことでスタート給与が5万円アップした人もいます。ただし、自分の力では、なかなか収入アップにつながる求人を見つけるのは難しいです。なので、転職で収入アップを目指したい人は、介護専門の転職サイトを利用することを強くおすすめします。介護職専門のコンサルタントに相談すれば、収入アップにつながる求人を紹介してくれます。転職という人生の一大イベントで失敗することがないよう、利用できるサービスを有効に活用してください。

2.管理職になる

介護の仕事は、大きく「現場部門」と「管理部門」に分けることができます。
現場部門とは、利用者に対して直接介護サービスを提供する人々のことを指します。代表例は、ヘルパーや介護福祉士などの介護スタッフです。
一方、「管理部門」とは、施設運営を取り仕切る立場の人々のことを指します。代表例は、管理者や施設長です。

介護の仕事を始める際は、大抵の人が現場部門からスタートします。しかし残念ながら、現場部門に居続けたまま介護業界で高収入を得ることは難しいですし、もらえる収入にも限界があります。現場部門に居続けると、「リーダー」としての仕事を担えることもありますが、業務量が増えるだけで、収入の上昇にはつながらない例もよくあるのです。
なので、高収入を目指すためには、現場部門の経験を経て、管理部門にキャリアアップすることが必要になります。求人情報に、「管理者候補」と職種の記載がある場合は、採用されて数ヶ月で管理者になれる可能性が高いですので、管理部門への近道と考えてよいでしょう。

3.経営者になる

管理職以上の収入のアップを狙うなら、経営者になることをおすすめします。介護業界は、時代のニーズに合った業界であり、今後もますます好景気が続くことが予想されます。そのような業界で事業を起こすことは、収入を上げるという目的にかなった選択であるといえます。
経営者になるためには、介護に現場経験や管理職経験が必ずしも必要ではありません。実際、マネジメント経験を活かして、異業種から介護事業所を立ち上げて成功した人もいます。しかし、介護職経験者であれば、介護職経験者にしかわからない悩みにも配慮した、スタッフ思いの経営ができます。なので、介護職経験者が介護事業所の経営者になることは、その事業所の成功につながるといえます。

4.派遣として働く

介護業界は、正社員よりも派遣のほうが高収入になる可能性が高いという特徴があります。理由は、以下です。

派遣は時給換算すると正社員より収入が高くなることがある

施設側は人手が足りておらず、すぐに人材がほしいため、高い給与条件でも派遣の人材を確保しようとします。そのため、派遣の収入は高くなる傾向があります。正社員の各種手当や賞与も含めて考えても、即戦力の人材であれば、派遣でも正社員以上の年収になる可能性が大いにあります。

派遣は残業代が必ず付く

なぜなら、正社員の場合は残業をしてもサービス残業の扱いになり、残業代が発生しない場合がありますが、残業が発生した場合にも残業手当が確実に支払われるよう、法律で決められているからです。そのため、残業代を確実にもらうことができる点で、派遣のほうが収入が高くなりやすいのです。

短いスパンで高収入を得たいのであれば、派遣で働くことも、選択肢の一つとして考えてもよいでしょう。しかし、介護業界でキャリアを積みながら徐々に収入を上げていきたいのであれば、どこかのタイミングで正社員採用を目指すことをおすすめします。最初は派遣として働いた後、正社員雇用してもらえるという「紹介予定派遣」の制度の活用も考えてみるといいかもしれません。

5.積極的に夜勤をおこなう

夜勤中心で介護現場の仕事に従事すれば、夜勤手当が付くため、収入のアップが可能です。ただし、体力的な問題もありますし、他のスタッフのシフト希望との兼ね合いもあるため、長期的に夜勤を継続するのは難しいかもしれません。なので、短期的に夜勤を増やして収入を上げるという意味では、夜勤をおすすめします。長期的に夜勤の継続を考えることは、あまりおすすめしません。

介護の「資格別」高年収ランキング【TOP3】

1.リハビリ専門職系3資格(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士)

介護業界で働く、リハビリ専門職系3資格保有者の年収の全国平均額は、約419万円です。

2.ケアマネージャー(介護支援専門員)

介護業界で働くケアマネージャー資格保有者の年収の全国平均額は、約401万円です。

3.社会福祉士

介護業界で働く社会福祉士資格保有者の年収の全国平均額は、約389万円です。

介護の「施設別」高年収ランキング【TOP3】

1.特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)

特別養護老人ホームで働く介護職員の平均年収は、約374万円です。特養は公的な入所型施設であることと、高介護度で身体介護が必要な人を中心に受け入れることから、職員の負担が大きいため、その分職員一人ひとりの収入も高額になる傾向があります。

2.介護老人福祉施設(老健)

介護老人福祉施設で働く介護職員の平均年収は、約360万円です。老健には、必ずリハビリ専門職を配置しなければならないという決まりがあります。リハビリ専門職は、介護職種のなかでも高収入のため、それらの職種の人の収入額が、老健の平均年収にも反映されています。

3.訪問介護・訪問入浴

訪問介護・訪問入浴で働く介護職員の平均年収は、約327万円です。訪問介護・訪問入浴は、日給や時給で見ても、比較的高収入であるという特徴があります。

介護の「職種別」高年収ランキング【TOP3】

1.管理者・サービス提供責任者

管理者・サービス提供責任者の全国平均年収は、約500万円です。

2.リハビリ専門職(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士)

リハビリ専門職の全国平均年収は、約419万円です。こちらは、「資格別」と同じデータを参照し記載しています。

3.ケアマネージャー(介護支援専門員)

ケアマネージャーの全国平均年収は、約411万円です。「資格別」ランキングと金額が異なる理由は、「資格別」がケアマネージャー資格保有者であることが条件なのに対し、「職種別」は、ケアマネージャー資格を保有し、かつケアマネージャーとして働いていることが条件となっているからです。例えば、「資格別」ランキングには、ケアマネージャー資格を持っているけれどケアワーカーとして勤務している人のデータも含まれています。よって、「資格別」と「職種別」のランキングで金額が異なっています。

介護の仕事で高収入を得るための成功の3つのカギ

1.基本給だけでなく、手当の有無を確認しよう!

介護の仕事には、残業手当や夜勤手当、資格手当など、さまざまな手当があります。その手当の有無で、収入の額は大きく変わります。なので、基本給だけではなく、手当を含めていくら収入を得られるのかを考えて、転職先を決めるようにしましょう。

2.キャリアプランや人生設計を考えたうえで高収入を目指そう!

ここでは、介護の仕事で高収入を目指すための方法を書きましたが、いつ高収入を得たいのかによって、働き方は大きく変わってきます。長期的に見てキャリア形成と同時に高収入につなげたいならば、管理職や経営者の道を目指すべきですし、今直近で高収入を得たいのであれば、派遣や夜勤中心の勤務体系が良いかもしれません。これは、求職者の希望によるところだと思います。なので、「何のために」「いつ」高収入を得たいのかと考えたうえで、高収入の仕事を探すようにしましょう。そうすれば、転職した後に後悔することはありません。

3.介護専門の転職サイトを利用して、スピード感をもった転職活動を行おう!

以下のサイトには、攻守入案件も多数掲載されていますので、ぜひ基本情報を登録のうえ、チェックしてみてください。
介護の仕事で高収入の求人は、とても人気が高く、転職サイトに掲載されてすぐに採用が決まってしまうことが多いです。なので、高収入の求人を狙っている人は、こまめに転職サイトのチェックをすることが必要です。そして、いい求人があった際には、スピーディーに必要なリサーチをおこない、応募することをおすすめします!

MC介護のお仕事

MC介護のお仕事MC介護のお仕事MC介護のお仕事は、株式会社メディカル・コンシェルジュが運営する介護従事者のための介護職専門求人情報サイトです。開設当初から医療・介護に特化したサービスを提供しているサイトなので、案内できる求人が8,000件以上(2017年5月調べ)と充実しています。また、会員登録をすると、求人への問い合わせや、介護職専任のキャリアコンサルタントに転職相談をすることができます。日々のお仕事の中で感じる不安や悩みといった相談も親身に応対してくれるおすすめの介護求人サイトです。

ベネッセの介護士お仕事サポート

ベネッセの介護士お仕事サポートベネッセのベネッセの介護士お仕事サポートは、さまざまな勤務形態からご希望の条件にあった求人転職情報・お仕事を紹介してくれる転職サイトです。人材紹介や派遣の求人も扱っていることが特徴で、夜勤専任のお仕事や看護助手をはじめとする、幅広い要望を叶える仕事を紹介してくれます。また、ベネッセMCMでは、全国で有料老人ホームを運営する株式会社ベネッセスタイルケアのグループ会社であることから、介護士の転職にノウハウをたくさん持っており、初めての転職であってもきめ細やかなサポートをしてくれることが大きなメリットです。もちろん、ベネッセスタイルケアの求人を紹介してもらうこともできるので、転職サイトを利用するのであればぜひ利用したいサービスです。