転職のデメリットと転職失敗の事例まとめ

介護士 転職 失敗

「年収アップを実現することができる」「人間関係や職場環境の悩みを解消できる」といったメリットがある一方で、転職のデメリットも存在します。そのため、転職のメリット・デメリットを正しく理解して比較検討することは重要であり、よくよく考えて転職活動を進めないと失敗してしまうこともあります。ここでは、転職のデメリットや転職に失敗しやすいケースを紹介していますので、転職成功のためのヒントとして参考にしてみてください。

介護業界で働く人が転職するデメリットとは?

現在の不満や悩みが、転職によって解消されないこともある

多くの人が挙げることの多い転職理由の1つが、現在の人間関係や職場環境の不満や悩みを解消したい、というものです。確かに、転職することで新たな環境で仕事を再スタートすることができますが、しばらく働いていると前の職場と同じような不満や悩みに直面してしまうケースは多く、結果として転職を繰り返してしまう人もいます。また、転職によって人間関係や職場環境が悪化してしまうケースもあり、このような悩みが転職によって必ず解消されるかと言えばそうではありません。

このデメリットを確実に回避する方法はありませんが、現在の職場の不満や悩みが発生した理由の1つとして、自分に原因や責任が無いのか振り返っておくことが重要です。

資格や実務経験が評価されないことがある

現在の職場で重宝されていた資格や実務経験が、書類選考や面接ではあまり武器にならず、評価されないということもあります。まず、資格は採用の最低条件として見られることが多く、取得の難しい資格を除いては足切りの条件くらいにしか評価されない場合があります。次に、実務経験は転職先で活かすことのできる経験が重視されるため、転職前後で仕事内容が大きく違うと、自分が思っている程の評価を得られないことがあります。

転職回数が多すぎると転職が不利になることがある

介護業界の転職に限った話ではありませんが、転職回数があまりに多いと仕事が長続きしない人と評価されてしまう可能性が高く、転職が不利になることがあります。転職回数の目安としては、20代で延べ2回、30代で延べ4回くらいを上限と覚えておきましょう。また、勤続年数としては1つの職場で3年以上あることが望ましく、短い間隔で転職を繰り返してしまうとマイナス評価される可能性が高まります。

介護業界のよくある5つの転職失敗事例

Case1:年収や時給は良いが、仕事内容や職場環境が合わない

転職で失敗しやすい代表的なケースが、求人情報の年収や時給にばかり注目して転職先を決めてしまい、仕事内容や職場環境に馴染むことができず、退職や転職を繰り返してしまうということです。どんなに給料が優れていても、自分に合わない仕事や苦手な仕事は長続きしないものです。年収や時給を重視して仕事を選ぶことは問題ありませんが、バランス感覚を持って意思決定をするようにしましょう。

Case2:人手不足の職場に転職してしまい、給料と仕事量が見合わない

高年収・高時給の求人を掲載している事業所は、利用者が多く経営が上向きに成長している事業所というポジティブな見方もできますが、一方で、それくらいの金額を支払わないと採用できないほど人手不足に悩んでいる事業所というネガティブな見方もできます。この後者の職場に転職してしまうと、給料と仕事量が見合わないという問題が発生する可能性があるため注意が必要です。

しかし、求人サイトや求人誌を眺めるだけでは職場の実態を見極めることは難しいということも事実です。この課題を解決するために有効な手段の1つが介護専門の転職コンサルタントにヒアリングしてみることであり、公開されていない職場の実態や評判を知ることができます。

Case3:求人内容と実態のギャップが大きい

求人サイトや求人誌に記載されている求人内容と実際の仕事内容や職場環境にギャップを感じる、ということは決して珍しいことではありません。もちろん、求人サイトや求人誌も正しい情報を掲載するよう努力をしていますが、すべての情報を正しく掲載することは現実的に難しい、ということを覚えておきましょう。また、求職者側が勝手に想像したり解釈したりしてしまっているケースもあり、事実情報を正しく掴むということも重要です。

特に気を付けた方が良い求人内容の記載は以下の3つです。

1.具体的な数字で記載されていない

「残業時間40時間/月」ではなく「残業が少ない」と記載されている求人など

2.魅力的な言葉だけが並んでいる

「残業なし」「高収入」「負担が少ない」と求職者のメリットだけが並んでいる求人など

3.曖昧な表現

「職員全員がいきいきと働く職場です」などの曖昧な表現は、読み手によって解釈が分かれるため、過度に期待しない方が良い

Case4:退職活動が上手く行かず、現在の職場の人と揉めてしまう

現在の職場を円満に退職することは、転職活動を成功させる大切なポイントであり社会人としてのマナーです。よくあるトラブルは、「現在の職場の退職ルール(1ヶ月前告知など)を守らず揉めてしまう」「誰かれ構わず転職の話をしてしまい不信感を買ってしまう」といったことであり、心がけで予防できるものがほとんどです。事業所によっては採用の意思決定をする際に現在の職場にその人の仕事ぶりや評判をヒアリングすることがありますので、ルールとマナーに従って退職活動を進めましょう。また、現在の職場の引き留めを受けることもありますが、無視するのではなく、お互いに納得が行くまで会話することを心がけましょう。

Case5:他業界へ転職を試みたものの、上手く行かない

介護業界から他業界へ転職を考える人は多いですが、納得の行く形で転職に成功する人はあまり多くありません。他業界への転職が上手くいかない理由は主に2つです。

1.介護業界や介護の仕事に関する不満が転職理由になっている

収入面や待遇面など、介護の仕事に対する不満を感じている人は少なくないと思いますが、それだけを理由に他業界へ転職を決めてしまうと転職が失敗しがちです。他業界にはその業界特有の不満や苦労があるため、介護業界から離れることで全てが解消する訳ではありません。

2.介護職の経験やスキルが評価されない

介護の実務経験の長さや専門的な知識・スキルが、他業界に転職する際に評価の対象にならないということがあります。採用担当者が介護業界に詳しければ話は別ですが、そのような人の方が圧倒的に少ないでしょう。

他業界へ転職をお考えの人は、このデメリットがあることをしっかり理解した上で意思決定をすることが大切です。

転職の失敗を防ぐための2つのコツ

1.できる限り余裕を持って転職活動を進める

日々の仕事と並行して転職活動を進めることは、体力的・精神的な負担が大きいものですが、できる限り時間的な余裕を持って転職活動を進めることは転職成功のポイントの1つです。目安として最低でも1ヶ月間は転職活動期間を確保しておきたいところです。転職は人生を左右する大切な分岐点であるため、じっくり冷静に判断することを心がけましょう。また、転職サイトや転職コンサルタントを上手く使うことで効率的に転職活動を進めることができますので、使ってみるのも良いでしょう。

2.複数の転職サイト・求人サイトを使う

最初から1つの転職サイトや求人サイトに絞って転職活動を進めるのではなく、複数のサイトに登録してみて自分の希望条件に合った求人を探すことが大切です。どんなに大手のサイトでもすべての求人を網羅しているということはなく、得手・不得手があります。また、転職サイトでは担当の転職コンサルタントが付くことが一般的ですが、人間として合う・合わないということもありますので、比較検討して転職のパートナーを見つけるようにしましょう。

初めて転職する人・不安な人は、介護専門の転職コンサルタントに相談してみよう!

初めて転職を考えている人や転職に不安を感じている人は、介護専門の転職コンサルタントに相談してみることをお勧めします。転職サイトに無料登録することで相談することができますので、転職に関する不安や疑問をぶつけてみてどうでしょうか?また、履歴書や職務経歴書の添削、面接のロールプレイングなどを依頼することもできますので、上手に使ってみて下さい。当サイトでは、実績が豊富な介護専門コンサルタントを厳選して紹介していますので、参考にしてみてください。

MC介護のお仕事

MC介護のお仕事MC介護のお仕事MC介護のお仕事は、株式会社メディカル・コンシェルジュが運営する介護従事者のための介護職専門求人情報サイトです。開設当初から医療・介護に特化したサービスを提供しているサイトなので、案内できる求人が8,000件以上(2017年5月調べ)と充実しています。また、会員登録をすると、求人への問い合わせや、介護職専任のキャリアコンサルタントに転職相談をすることができます。日々のお仕事の中で感じる不安や悩みといった相談も親身に応対してくれるおすすめの介護求人サイトです。

ベネッセの介護士お仕事サポート

ベネッセの介護士お仕事サポートベネッセのベネッセの介護士お仕事サポートは、さまざまな勤務形態からご希望の条件にあった求人転職情報・お仕事を紹介してくれる転職サイトです。人材紹介や派遣の求人も扱っていることが特徴で、夜勤専任のお仕事や看護助手をはじめとする、幅広い要望を叶える仕事を紹介してくれます。また、ベネッセMCMでは、全国で有料老人ホームを運営する株式会社ベネッセスタイルケアのグループ会社であることから、介護士の転職にノウハウをたくさん持っており、初めての転職であってもきめ細やかなサポートをしてくれることが大きなメリットです。もちろん、ベネッセスタイルケアの求人を紹介してもらうこともできるので、転職サイトを利用するのであればぜひ利用したいサービスです。