20代の転職理由ランキングと転職成功のコツ

20代 転職

介護業界では20代で転職を経験する人も多く、自分の経験やスキルを武器に転職を成功させています。しかし一方で、転職に失敗してしまい、転職を繰り返してしまったり介護業界から離れてしまったりする人もいます。ここでは、介護業界で働く20代の転職理由と転職を成功させるためのコツについて紹介しています。

20代で転職は早すぎる!?

「自分の経験やスキルは評価の対象にならないのではないか?」と不安を感じて、20代で転職は早すぎると考えている人は意外に多いものです。また、転職することで現在の職場に迷惑がかかってしまうのではないかと、転職を足踏みしている人も居るでしょう。

しかし、介護業界において20代で転職をすることは決して早すぎるということはなく、自分の経験やスキルを武器に転職を有利に進めることができます。20代の転職で主に求められるものは「実務経験が3年以上あること」「必要な資格を持っていること」「コミュニケーション能力があること」の3つです。また、介護の仕事では体力や力仕事を求められるシーンが多いため、20代という若さそのものが転職の武器になります。

20代の転職理由ランキング【TOP3】

1.職場環境や人間関係の悩みを解消するため

20代の転職理由の第1位は、残業や夜勤が多い・同僚や上司とのコミュニケーションが上手くいかないといった、職場環境や人間関係の悩みです。特に20代は、自分がイメージしていた介護の仕事と実態とのギャップに悩む人や、年齢の離れた上司と上手く人間関係を構築することができずに悩む人が多いという特徴があります。

転職することで職場環境や人間関係が一新されるため、これらの悩みを解消することができますが、解消できないケースもあることも覚えておきましょう。最も可能性が高いのは、新しい職場環境や人間関係に馴染むことができず、以前の職場と同じような悩みを抱えてしまうというケースであり、結果として以前の職場に出戻りする人もいます。

2.年収アップを実現するため

「現在の職場でなかなか昇給や昇進ができない」「自分をもっと高く評価してもらえる職場で働きたい」と感じて、年収アップを実現するために転職を選択する人もいます。20代で年収アップを実現するためには、より難易度の高い資格を取得したり、マネジメントの経験を積んだりすることが効果的です。なお、転職によって年収が減額になることは稀であるため(提示された年収に納得せず転職しない人が多いため)、基本的に年収を維持できるかアップできるかの2択です。

また、年収アップを考える際には、目先の年収だけではなく将来の年収まで見据えておくことが重要です。具体的には、「昇給や昇進の制度が整備されているか」「年齢に関わらず責任のある仕事を任せてもらえるか」「入所者や利用者が多い人気の事業所か」といったポイントをチェックしておきましょう。

3.キャリアの幅を広げるため

いろいろな介護の仕事を経験することでキャリアの幅を広げたいと考えるキャリア志向の強い20代は多いものです。また、同じ職場で働き続けることで、新しい気付きや学びが減ってしまったり単純作業に感じる仕事が増えてしまったりという悩みを抱えて、転職によって心機一転を図りたいと考える人もいます。

例えば、同じ保有資格・同じ職種であっても、職場によって任される仕事や得られる経験は異なります。介護職における幅広いスキル・知識を習得することで、今後も成長が予想される介護業界で引く手あまたの人材になることができるでしょう。

20代の転職成功の5つのコツ

1.実務経験が3年以上あると安心

転職成功の1つの基準として、介護職の実務経験が3年以上あることが挙げられます。求人情報に記載されている「経験者優遇」「即戦力採用」といったキーワードは、この実務経験3年以上を基準に考えられているケースが一般的です。なお、より細かく言えば「同じ職場で継続的に3年以上勤務した経験」を指しますので、いろいろな職場を短期間で転々としていると評価の対象にならなかったりマイナス評価を受けてしまったりする可能性があることを覚えておきましょう。

2.キャリアプランを整理しておく

転職の際には、自分のキャリアプランや人生設計を改めて整理しておくことをお勧めします。転職は、生涯年収や社会的地位など自分のキャリアを大きく左右するターニングポイントであるため、中長期的な将来を見据えて転職活動を行うことが大切です。自分が仕事においてやりがいを感じるポイントや自分の向き不向きを分析して、何度も転職を繰り返すことが無いようにしましょう。

3.転職に必要な資格を取得しておく

介護職の転職において介護の専門資格を持っていることは必須資格と言っても過言ではありません。最低でも「介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)」が必須であることが一般的であり、転職によって年収アップや待遇改善を目指すのであればより難易度の高い専門資格を持っていることが求められます。また職場によっては、資格取得を支援してくれるところもあるため、そのような制度に注目して転職先を探すのも良いでしょう。

4.時間に余裕を持って転職活動を進める

特に初めて転職にチャレンジする人であれば、できる限り時間に余裕を持って転職活動を進めることが大切です。目安としては、最短でも1ヶ月間以上の余裕を持つことをお勧めします。時間的な余裕が無いと、十分に求人情報を比較検討することができず、転職が実現したとしても新しい職場に抱いていたイメージと現実のギャップに悩み、結果として転職を繰り返してしまうことにも繋がります。より効率的に転職活動を進めるためにも、介護専門の転職コンサルタントに相談しながら転職活動を行うことをお勧めします。

5.転職回数の上限を知っておく

転職の予備知識として、一般的に20代で許容される転職回数の上限を知っておきましょう。介護職は他の職種と比較して転職回数が多いという特徴がありますが、それでも20代の転職回数の上限は1〜2回を目安とした方が良く、転職を繰り返してしまうと仕事が長続きしない人と評価され、転職しづらくなってしまうリスクがあります。転職をする際には、最短でも新しい職場で3〜5年間は働く前提を持っておきましょう。

介護業界から他業界へ転職することはできる?

年収や労働環境に不満を感じて、他業界へ転職を考えたことのある人は多いのではないでしょうか?特に20代の内はなかなか年収が上がらなかったり雑務が多かったりと、仕事に対する不満や不安を感じやすいものです。20代は転職の潰しが利く年代であるため、介護業界から他業界へ転職をすることも可能です。しかし注意すべきこととして、介護職の経験やスキルが評価されないことも多く、年収や待遇が悪くなってしまう可能性があるということを覚えておきましょう。また、他業界へ転職を考える際には、同時に、介護業界で仕事を続ける選択肢が無いのか冷静に考えることをお勧めします。

まずは介護専門の転職コンサルタントに相談してみよう!

初めて転職を考えている人や転職に不安を感じている人は、介護専門の転職サイトに無料登録して転職コンサルタントに相談することをお勧めします。転職やキャリアに関することなら何でも相談することができ、履歴書・職務経歴書の添削や面接の練習を依頼することもできますので、転職の心強いパートナーとして活用することができます。当サイトでは、特に20代から支持されているお勧めの転職サイトを紹介していますので、参考にしてみてください。

MC介護のお仕事

MC介護のお仕事MC介護のお仕事MC介護のお仕事は、株式会社メディカル・コンシェルジュが運営する介護従事者のための介護職専門求人情報サイトです。開設当初から医療・介護に特化したサービスを提供しているサイトなので、案内できる求人が8,000件以上(2017年5月調べ)と充実しています。また、会員登録をすると、求人への問い合わせや、介護職専任のキャリアコンサルタントに転職相談をすることができます。日々のお仕事の中で感じる不安や悩みといった相談も親身に応対してくれるおすすめの介護求人サイトです。

ベネッセの介護士お仕事サポート

ベネッセの介護士お仕事サポートベネッセのベネッセの介護士お仕事サポートは、さまざまな勤務形態からご希望の条件にあった求人転職情報・お仕事を紹介してくれる転職サイトです。人材紹介や派遣の求人も扱っていることが特徴で、夜勤専任のお仕事や看護助手をはじめとする、幅広い要望を叶える仕事を紹介してくれます。また、ベネッセMCMでは、全国で有料老人ホームを運営する株式会社ベネッセスタイルケアのグループ会社であることから、介護士の転職にノウハウをたくさん持っており、初めての転職であってもきめ細やかなサポートをしてくれることが大きなメリットです。もちろん、ベネッセスタイルケアの求人を紹介してもらうこともできるので、転職サイトを利用するのであればぜひ利用したいサービスです。