30代の転職理由ランキングと転職成功のコツ

30代 転職

30代は仕事でもプライベートでも転機の大きい年代であり、将来を見据えて転職を考える人が多いという特徴があります。また一方で、30代での転職にリスクを感じて足踏みをする人も居るという側面もあります。ここでは、30代で転職をお考えの人を対象に、30代の転職理由や転職成功のコツについて紹介しています。

30代の転職は最もおすすめのタイミング?

高卒や新卒から介護業界で働き続けている30代の人であれば、自分の経験・スキル・知識に自信があるという人の方が多いでしょう。転職においてはまさにこの経験・スキル・知識が重視されるため、30代は転職に最もおすすめのタイミングと言えます。また、エネルギッシュで体力的・精神的なタフさがある、管理職やマネジメントの経験がある、仕事に対する責任感が強いといったことも、30代が採用されやすい理由として挙げられます。

30代の転職理由ランキング【TOP3】

1.結婚や出産を機に、働き方を見直したい

30代で結婚や出産といった大きなライフイベントを経験する人は多く、これを機に働き方やプライベートな時間の使い方を見直したいと感じる人が多いという特徴があります。今まで休みも惜しんでバリバリ働いていた人も、「なるべく残業や夜勤が少ない職場を探したい」「産前産後休暇や育児休暇の制度が整っている職場を探したい」といった理由で転職を考えるようです。

2.いまの仕事内容や職場の将来性に不安がある

同じ職場で働き続けている人であればあるほど、自分の仕事内容や役割について物足りなさを感じたり、現在の職場の人事や経営に対して不安を感じたりしやすいものです。30代は自分の人生観や志向の整理が進む年代であるため、中長期的な将来を見据えて転職を決意する人が多いようです。

3.年収アップやキャリアアップを実現したい

30代になると、「自分の生涯年収がいくらくらいになるのか?」「管理職やマネジャーなどの経験をしなくて大丈夫なのか?」など、自分の年収やキャリアについて深く考えることが多くなります。現在の職場の昇給・昇進の制度が曖昧であったり、制度があっても実際に適用されることが少なかったりすると、転職することで年収アップやキャリアアップを実現しようと考える人が多いようです。現在の自分の経験・知識・スキルが転職市場ではどのように評価されるのか知りたい人は、介護専門の転職コンサルタントに相談してみるとよいでしょう。

30代の転職成功の5つのコツ

1.これまでの経験やスキルから、自分の強み・弱みを整理しておく

実際に求人を探し始める前に、自分の経験やスキルを客観的に評価した上で、自分の強みや弱みを整理しておくことが大切です。履歴書や職務経歴書に記載したり、面接時に自己PRとして使ったりする情報であるため、この自己分析をしっかり行っていないと転職を成功させることは難しいものです。30代での転職は、20代の転職と比較すると、介護の専門的な知識やスキルがあるか問われることが多く、また志望動機や転職理由を細かくチェックされやすいという特徴があります。また、40代・50代になるとどんどん転職が難しくなっていくため、慎重に転職先を見極めないと取り返しのつかないことにもなり兼ねませんので、十分に注意して転職活動を進めましょう。

2.キャリアの一貫性を意識して仕事を選ぶ

転職前後のキャリアに一貫性がある方が転職を有利に進めやすく、端的な例を挙げれば、入所者や介護職員の多い有料老人ホームで働いていた人であれば、同規模の有料老人ホームに転職しやすいという特徴があります。20代のうちは様々な施設での業務経験を幅広く重ねることも大切ですが、30代以降になると、自分の得意・不得意を見極めた上で、介護職としての専門性を高める方針でキャリアを一本に絞って仕事をすることをお勧めします。

3.昇給率や昇進制度に注目する

目先の年収や待遇も重要ですが、30代の転職においては将来的な昇給率や昇進制度に注目して転職先を決めることが重要です。一般的に歳を重ねるたびに転職は難しくなっていくため、退職まで働き続けることができる職場を見つける前提で転職活動を進めましょう。昇給率や昇進制度については、求人情報に記載されていることも多いですが、具体的にどのように運用されているのかという点について、面接時に必ずチェックしておくようにしましょう。

4.今の職場でマネジメントの経験を積んでおく

30代になると管理職として採用されるケースも増えてくるため、転職先の選択肢を広げるためにも、現在の職場でマネジメントの経験を積んでおくことをお勧めします。マネジメントの経験とは具体的に、部下の育成・ケアプランの作成・職員の採用活動などが挙げられます。このような経験がある人は、職務経歴書に具体的に記載しておき、面接時にしっかりアピールするようにしましょう。

5.転職回数に気を付ける

介護職は転職回数が比較的多い職種ですが、とは言ってもあまりに転職回数が多いと転職活動時にマイナス評価を受けることがあるため注意しましょう。具体的には、30代の時点で延べ転職回数が2〜3回という人は、次の転職がラストチャンスと考えておくと現実的です。また、転職回数と同様に、職場ごとの勤続年数も重要な指標であり、原則として同じ職場で3年以上働き続けることが大切です。短い期間で転職を繰り返していると、マイナス評価に繋がる可能性があります。

未経験の30代でも介護業界に転職できる?

介護業界未経験の30代の人も、介護業界に転職することは可能です。実際に、生涯安定的に働くことができる仕事を探して、脱サラして介護職に転職を考える人は増えています。介護業界が未経験かつ介護の専門資格を持っていない人は、正社員として採用されることは極めて少なく、またアルバイトやパートの求人も時給や待遇に納得できないという人が多いため、少なくとも介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)の資格を取得してから転職活動を始めることをお勧めします。

介護専門の転職サイトで転職を成功させましょう!

30代の転職において、自分のキャリアを整理して今後の人生設計を立てることは必要不可欠です。しかし、これらを自分ひとりで行うことは難しいものであり、同僚や上司に相談することも難しいものであるため、介護専門の転職コンサルタントに相談することをお勧めします。介護専門の転職コンサルタントに相談するためには、転職サイトに無料登録しておく必要がありますので、複数のサイトにとりあえず登録しておき、自分に合った転職コンサルタントを探してみましょう。当サイトでは、特に利用者の満足度が高い介護専門の転職サイトを紹介していますので、参考にしてみてください。

MC介護のお仕事

MC介護のお仕事MC介護のお仕事MC介護のお仕事は、株式会社メディカル・コンシェルジュが運営する介護従事者のための介護職専門求人情報サイトです。開設当初から医療・介護に特化したサービスを提供しているサイトなので、案内できる求人が8,000件以上(2017年5月調べ)と充実しています。また、会員登録をすると、求人への問い合わせや、介護職専任のキャリアコンサルタントに転職相談をすることができます。日々のお仕事の中で感じる不安や悩みといった相談も親身に応対してくれるおすすめの介護求人サイトです。

ベネッセの介護士お仕事サポート

ベネッセの介護士お仕事サポートベネッセのベネッセの介護士お仕事サポートは、さまざまな勤務形態からご希望の条件にあった求人転職情報・お仕事を紹介してくれる転職サイトです。人材紹介や派遣の求人も扱っていることが特徴で、夜勤専任のお仕事や看護助手をはじめとする、幅広い要望を叶える仕事を紹介してくれます。また、ベネッセMCMでは、全国で有料老人ホームを運営する株式会社ベネッセスタイルケアのグループ会社であることから、介護士の転職にノウハウをたくさん持っており、初めての転職であってもきめ細やかなサポートをしてくれることが大きなメリットです。もちろん、ベネッセスタイルケアの求人を紹介してもらうこともできるので、転職サイトを利用するのであればぜひ利用したいサービスです。